お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 09:25
[依頼講演]HAPS通信における都市部高仰角クラッター損失の測定解析
佐藤彰弘木村 翔表 英毅ソフトバンクAP2019-166
抄録 (和) 超広域のカバーエリアや災害に強いネットワークを実現する新たな移動通信プラットフォームとして成層圏プラットフォーム(HAPS : High-Altitude Platform Station)への期待が高まっている.HAPSでは高度20kmの成層圏を飛行する気球や飛行機,飛行船などの機体に無線機を搭載することで,LTE等に対応したスマートフォンに直接移動通信サービスを提供することができる.HAPS通信における効率的なセル設計を実現するためには,地形,植生,都市部,郊外地,建物の侵入などを考慮した電波伝搬モデルの開発が必要不可欠である.HAPSは高度20kmにあるため高仰角となる環境が従来の地上局の場合と比べて相対的に広くなることから,その伝搬損失特性を解明することがより重要となる.本稿では,都市部の高仰角環境におけるクラッター損失に着目し,測定解析を行う. 
(英) HAPS, the High-Altitude Platform Station that provides communications services from altitudes of around 20 km via an Unmanned Aerial Vehicle (UAV) such as a balloon, airship, or other aircraft, is attracting much attention as a new mobile communications platform for ultra-wide coverage areas and disaster-resilient networks. HAPS can provide mobile communications service directly to smartphones, the terminal of choice in terrestrial mobile communications networks running Fourth Generation Long Term Evolution (4G LTE), and in the near future, Fifth Generation New Radio (5G NR). In order to design efficient cell configurations for HAPS-based services, we need a radio wave propagation model that takes into consideration factors such as terrain, vegetation, urban areas, suburban areas, and building entry loss. Since HAPS covers very wide areas with high elevation angles, it is necessary to clarify the clutter loss characteristics. In this paper, we measure and clarify the clutter loss characteristics with high elevation angles.
キーワード (和) HAPS / 電波伝搬 / クラッター損失 / 高仰角 / / / /  
(英) HAPS / Propagation / Clutter loss / High elevation angle / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 379, AP2019-166, pp. 87-92, 2020年1月.
資料番号 AP2019-166 
発行日 2020-01-16 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-166

研究会情報
研究会 AP WPT  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2020-01-AP-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HAPS通信における都市部高仰角クラッター損失の測定解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement and Analysis of Clutter Loss at High Elevation Angles for HAPS Communications in urban environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HAPS / HAPS  
キーワード(2)(和/英) 電波伝搬 / Propagation  
キーワード(3)(和/英) クラッター損失 / Clutter loss  
キーワード(4)(和/英) 高仰角 / High elevation angle  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 彰弘 / Akihiro Sato / サトウ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
Softbank Corp. (略称: Softbank)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 翔 / Sho Kimura / キムラ ショウ
第2著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
Softbank Corp. (略称: Softbank)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 英毅 / Hideki Omote / オモテ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
Softbank Corp. (略称: Softbank)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-166 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.379 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会