お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 09:55
伝送路予測多重遅延検波を用いたマルチキャリア差動トレリス符号化変復調
久保哲朗高橋拓也久保博嗣立命館大IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291
抄録 (和) 本報告では,優れた2重選択性耐性と受信感度を両立する,マルチキャリア (MC : multi-carrier) 差動トレリス符号化変調 (DTCM : differential trellis-coded modulation) と伝送路予測多重遅延検波 (PSP-MDD) を用いた伝送方式を提案する.ここで,2重選択性とは周波数選択性と時間選択性が同時に発生する伝搬環境である.周波数選択性に対してはOFDM (orthogonal frequency-division multiplexing) 等のMC伝送方式が有効である.しかし,MC伝送方式では信号を狭帯域にするため,シンボル周期が大きくなり時間選択性が増大する.時間選択性には,伝送路予測PSP-MDDを適用したDPSK (differential phase-shift keying) が有効である.しかし,伝送路予測PSP-MDDはその受信感度が劣化する.本報告では,2重選択性耐性を高め,受信感度の劣化を抑圧するために,MC-DTCM に伝送路予測PSP-MDDを適用する方式を提案する.また,MC伝送方式としては,多重シングルキャリア (MSC : multiple single carrier) 伝送方式を採用する.最後に,計算機シミュレーション結果から,提案する伝送路予測PSP-MDDを適用したMSC-DTCMは,従来のMSC-DPSKに対して,2重選択性耐性を高めるだけでなく,受信感度も改善可能であることを明らかにする. 
(英) This paper proposes a modulation scheme employing multi-carrier (MC) differential trellis-coded modulation (DTCM) and multiple differential detection with channel prediction, in order to cope with doubly-selective fading at good required signal to noise power ratio (SNR), where doubly-selective channels correspond to severe time and frequency selective channels. For frequency-selective fading, MC modulation schemes, e.g., orthogonal frequency-division multiplexing (OFDM) are effective. However, since a signal bandwidth of the MC modulation scheme is narrow, larger symbol duration causes severe time-selective fading. For time-selective fading, differential phase-shift keying (DPSK) employing PSP-MDD with channel prediction is effective. However, channel prediction degrades the required SNR for PSP-MDD. In order to cope with doubly-selective fading and to improve the required SNR, this paper proposes MC differential trellis-coded modulation (DTCM) employing PSP-MDD with channel prediction. This paper employs multiple single carrier (MSC) modulation scheme for MC modulation scheme. Finally, computer simulation confirms that the proposed scheme can improve both the performance for doubly-selective fading and the required SNR compared with the conventional PSP-MDD with channel prediction.
キーワード (和) 差動符号化 / トレリス符号化変調 / マルチキャリア / PSP / 多重遅延検波 / 伝送路予測 / フェージング /  
(英) Differential Encoding / Trellis-Coded Modulation / Multi-Carrier / Per-Survivor Processing / Multiple Differential Detection / Channel Prediction / Fading /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 378, RCS2019-291, pp. 143-148, 2020年1月.
資料番号 RCS2019-291 
発行日 2020-01-16 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-61 SIP2019-74 RCS2019-291

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 広島市青少年センター 
開催地(英) Hiroshima City Youth Center 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伝送路予測多重遅延検波を用いたマルチキャリア差動トレリス符号化変復調 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-Carrier Differential Trellis-Coded Modulation/Demodulation Employing Multiple Differential Detection with Channel Prediction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動符号化 / Differential Encoding  
キーワード(2)(和/英) トレリス符号化変調 / Trellis-Coded Modulation  
キーワード(3)(和/英) マルチキャリア / Multi-Carrier  
キーワード(4)(和/英) PSP / Per-Survivor Processing  
キーワード(5)(和/英) 多重遅延検波 / Multiple Differential Detection  
キーワード(6)(和/英) 伝送路予測 / Channel Prediction  
キーワード(7)(和/英) フェージング / Fading  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 哲朗 / Tetsuro Kubo / クボ テツロウ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 拓也 / Takuya Takahashi / タカハシ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2019-61,IEICE-SIP2019-74,IEICE-RCS2019-291 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.376(IT), no.377(SIP), no.378(RCS) 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2020-01-16,IEICE-SIP-2020-01-16,IEICE-RCS-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会