お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 14:25
ハンドオーバ頻度を低減する分散型確率的周波数ブロック毎基地局ON/OFF制御法
石川史弥樋口健一東京理科大IT2019-77 SIP2019-90 RCS2019-307
抄録 (和) 大電力のマクロ基地局のカバレッジ内に多数の小電力のピコ基地局が配置されるヘテロジーニアスネットワークにおいて,基地局送信ON/OFF制御は移動通信ネットワークの電力効率の改善やセル間干渉電力の低減によるシステムスループットの改善に有効である.しかし実際には,全帯域の送信がOFFに切り替わった基地局に接続していたユーザ端末は他の基地局にハンドオーバする必要があり,この制御に掛かる時間は通信が遮断されスループットが劣化することを考慮する必要がある.そこで本稿では,筆者らがこれまで検討してきたシステムスループット観測値に基づく確率的周波数ブロック毎基地局送信ON/OFF制御法について,ハンドオーバ頻度を低減するためにあらかじめ定められた数の周波数ブロックを常時ONとする改良を加える.これにより,基地局ON/OFF制御に伴うハンドオーバ頻度の低減を実現する.ハンドオーバ時間を考慮した計算機シミュレーション評価により提案法の効果を検証する. 
(英) In heterogeneous network in which low-transmission-power pico-base stations (BSs) are overlaid onto the coverage of a high-transmission-power macro-BS, BS activation control is essential for improving power efficiency of mobile communication network and system throughput by reducing inter-cell interference. However, the users connected to the BS whose transmission of all bandwidth was turned off should reconnect to other BS (handover) and the throughput of handover users are degraded by handover time. In this paper, we make improvements on the conventional decentralized probabilistic frequency-block activation method in order to reducing handover frequency by always activating some frequency blocks in each BS. Computer simulation results, in which the handover time is taken into account, show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) ヘテロジーニアスネットワーク / 確率的ON/OFF制御 / 送信電力制御 / / / / /  
(英) Heterogeneous networks / probabilistic activation control / transmission power control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 378, RCS2019-307, pp. 239-245, 2020年1月.
資料番号 RCS2019-307 
発行日 2020-01-16 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-77 SIP2019-90 RCS2019-307

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 広島市青少年センター 
開催地(英) Hiroshima City Youth Center 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハンドオーバ頻度を低減する分散型確率的周波数ブロック毎基地局ON/OFF制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reducing Handover Incidence in Decentralized Probabilistic Frequency-Block Activation Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘテロジーニアスネットワーク / Heterogeneous networks  
キーワード(2)(和/英) 確率的ON/OFF制御 / probabilistic activation control  
キーワード(3)(和/英) 送信電力制御 / transmission power control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 史弥 / Fumiya Ishikawa / イシカワ フミヤ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2019-77,IEICE-SIP2019-90,IEICE-RCS2019-307 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.376(IT), no.377(SIP), no.378(RCS) 
ページ範囲 pp.239-245 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IT-2020-01-16,IEICE-SIP-2020-01-16,IEICE-RCS-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会