お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 10:30
[ポスター講演]短時間呈示DFD表示において,直後のランダムドット呈示により残像の影響を無くした場合の奥行き知覚可能な最短時間
野上明日香水科晴樹陶山史朗徳島大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 短時間呈示 DFD 表示方式において,奥行き知覚への純粋な呈示時間の影響を評価した.従来,刺激のみの短時間表示により残像効果を利用した場合には,奥行き知覚可能な最短時間は1.6 msであった.今回,残像の影響を無くすために刺激画像の呈示直後にランダムドット画像を表示し、奥行き知覚可能な純粋な最短時間について評価した.この残像を利用しない方法においても,十分な輝度のある画像であれば,60 ms程度の短時間呈示であっても奥行きは理論値に従って正常に知覚されることを明らかにした. 
(英) We clarify pure minimum display time for depth perception is small enough in DFD (Depth-fused 3D) display. When the afterimages effect was used in short display of only stimuli, the shortest display time for depth perception was 1.6 ms. In order to eliminate the effects of afterimages, random dot pattern were displayed immediately after short display of stimulus image, and the pure minimum time was evaluated. Even when the afterimage is not used, minimum display time for perceived depth is about 60 ms, when the image is sufficiently bright whose depth is linearly changed according to the theoretical value.
キーワード (和) 短時間呈示 / 3D display / DFD display / / / / /  
(英) Minimum display time / 3D display / DFD display / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 鳥取大鳥取キャンパス 
開催地(英) Tottori Univ. 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-IDY 
会議コード 2020-01-IDY-EID-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 短時間呈示DFD表示において,直後のランダムドット呈示により残像の影響を無くした場合の奥行き知覚可能な最短時間 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Minimum Display Time for Depth Perception in DFD Display When Removing the Influence of Afterimages by Immediately Displaying Random Dots Pattern 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 短時間呈示 / Minimum display time  
キーワード(2)(和/英) 3D display / 3D display  
キーワード(3)(和/英) DFD display / DFD display  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野上 明日香 / Asuka Nogami / ノガミ アスカ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina / ミズシナ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Siro Suyama / スヤマ シロウ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 10:30:00 
発表時間
申込先研究会 ITE-IDY 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.385 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会