お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 18:10
経験と観察に基づく価値統合に関する行動実験とその解析
清水智史石井 信吉田和子京大NC2019-59
抄録 (和) ヒトが、自身が経験的に得た情報と他者行動の観察に基づく推定をいかに統合し、自らの将来の意思決定に役に立てるのか、を明らかにするために、バンディット課題を用いた行動実験を行った。順および逆強化学習モデル、また、単純な線形モデルを用いて行動解析を行い、ヒトが経験に基づく価値と観察に基づく価値情報を統合する際に、自身と他者の学習様式と方策に一貫性があることを制約条件として利用している可能性を示した。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 意思決定 / 観察学習 / バンディット課題 / 強化学習 / 逆強化学習 / 価値統合 / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 382, NC2019-59, pp. 3-6, 2020年1月.
資料番号 NC2019-59 
発行日 2020-01-16 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2019-59

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-25 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英) Miyakojima Marine Terminal 
テーマ(和) NC, NLP, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2020-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 経験と観察に基づく価値統合に関する行動実験とその解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integrating experienced and observed value in human decision making 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 意思決定 /  
キーワード(2)(和/英) 観察学習 /  
キーワード(3)(和/英) バンディット課題 /  
キーワード(4)(和/英) 強化学習 /  
キーワード(5)(和/英) 逆強化学習 /  
キーワード(6)(和/英) 価値統合 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 智史 / Satoshi Shimizu / シミズ サトシ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 信 / Shin Ishii / イシイ シン
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 和子 / Wako Yoshida / ヨシダ ワコ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-23 18:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2019-59 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.3-6 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会