お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 10:15
直交Gold系列を用いた音響スペクトル拡散通信方式の実験評価結果
豊田 遥白數優一佐野隆貴久保博嗣立命館大IT2019-38 SIP2019-51 RCS2019-268
抄録 (和) 本報告では,陸上音響通信の上り回線の実現のための,CDMA (code division multiple access) 音響スペクトル拡散通信方式を提案する.CDMAでは,拡散符号の相関特性が多元接続性能を大きく左右する.そこで,自己相関・相互相関に優れた拡散符号を少ない演算量で探索するために,直交Gold系列をベースとした拡散符号探索手法について述べる.次に,本通信システムのフレーム構成と同期方法,音響通信における有色な環境雑音に対応するための帯域制限フィルタの導入手法について提案する.最後に,計算機シミュレーションにて,提案する音響スペクトル拡散通信方式が良好な受信特性を有することを明らかにする.さらに,室内でのフィールド試験にて,提案する音響スペクトル拡散通信方式が,特に帯域制限フィルタの導入をした場合に,良好な通信特性を実現可能なことを明らかにする. 
(英) This paper proposes code division multiple access (CDMA) acoustic spread spectrum communications for uplink terrestrial acoustic communications. For CDMA, the multiple access performance highly depends on the auto-correlation and the cross-correlation of the spreading codes. Therefore, this paper disscusses a spreading code search criterion based on the orthogonal Gold sequences, which can select sets of spreading codes with good auto/cross-correlation at small computational complexity. Next, this paper proposes a frame structure, synchronization schemes, insertion of band-limit filters to cope with acoustic ambient noises, for the proposed acoustic spread spectrum communications. Finally, the computer simulation results show the proposed acoustic spread spectrum communications have excellent performances. In addition, field evaluation results show that the proposed acoustic spread spectrum communications have good perfomance thanks to band-limit filter.
キーワード (和) 音響通信 / スペクトル拡散 / CDMA / 直交Gold系列 / / / /  
(英) Acoustic Communications / Spread Spectrum / Code Division Multiple Access / Orthogonal Gold Sequence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 378, RCS2019-268, pp. 13-18, 2020年1月.
資料番号 RCS2019-268 
発行日 2020-01-16 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-38 SIP2019-51 RCS2019-268

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 広島市青少年センター 
開催地(英) Hiroshima City Youth Center 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交Gold系列を用いた音響スペクトル拡散通信方式の実験評価結果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation Results of Acoustic Spread Spectrum Communications Employing Orthogonal Gold Sequences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響通信 / Acoustic Communications  
キーワード(2)(和/英) スペクトル拡散 / Spread Spectrum  
キーワード(3)(和/英) CDMA / Code Division Multiple Access  
キーワード(4)(和/英) 直交Gold系列 / Orthogonal Gold Sequence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 遥 / Haruka Toyota / トヨタ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白數 優一 / Yuiti Shirasu / シラス ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 隆貴 / Ryuki Sano / サノ リュウキ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-23 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2019-38,IEICE-SIP2019-51,IEICE-RCS2019-268 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.376(IT), no.377(SIP), no.378(RCS) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2020-01-16,IEICE-SIP-2020-01-16,IEICE-RCS-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会