お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 10:50
MIMO-OFDM伝送における並列処理を導入したMIMOチャネルのヌル空間を用いたピークキャンセル信号に基づく適応PAPR抑圧法
鈴木 拓鈴木幹人樋口健一東京理科大IT2019-42 SIP2019-55 RCS2019-272
抄録 (和) 本稿では,先に提案したMIMO (multiple-input multiple-output)-OFDM (orthogonal frequency division multiplexing)伝送におけるチャネルのヌル空間を用いたピークキャンセル(PC: peak cancellation)信号に基づく適応ピーク電力対平均電力比(PAPR: peak-to-average power ratio)抑圧法(以降PCCNC (PC with channel-null constraint)法と呼ぶ)について,複数のピークに対応するPC信号の加算を並列的に行うことにより必要となる繰り返し回数を削減する方法を提案する.提案法では,並列処理を行うときに問題となる,複数のピークに対応するPC信号のサイドローブの影響によるピークの再発生を軽減するために,抑圧する複数のピーク信号のタイミング差があるしきい値以上となるよう制限を加える.計算機シミュレーションにより,提案する並列処理を用いたPCCNC法は,並列処理を用いないPCCNC法と同等の演算量を実現できる一方,繰り返し数を大幅に低減できるため処理遅延時間を軽減することができることを定量的に示す. 
(英) In this paper,an algorithm to reduce the required iterations for the peak-to-average power ratio (PAPR) reduction is proposed for peak cancellation (PC) signal based adaptive PAPR reduction method (PCCNC) previously developed by members of our research group that uses the null space in a multiple-input multiple-output (MIMO) channel for MIMO-orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) signals. In this proposed algorithm, PC signals are parallelly added to the multiple peak signals. The proposed algorithm restricts the difference between multiple target times of peak signal so that multiple target times exceed the predetermined threshold in order to alleviate the peak regrowth caused by the effect of the sidelobe of PC signals for the multiple peak signals. Computer simulation results show that proposed algorithm dramatically reduces the required iterations for the PAPR reduction than the PCCNC without parallel process while it achieves the comparable PAPR reduction performance for given computational complexity. Therefore, the proposed algorithm mitigates the delay time of the PAPR reduction process.
キーワード (和) PAPR / OFDM / MIMO / クリッピング・フィルタリング / ピークキャンセラ / 演算量低減 / 並列処理 /  
(英) PAPR / OFDM / MIMO / clipping and filtering / peak cancellation / computational complexity reduction / parallel process /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 378, RCS2019-272, pp. 37-43, 2020年1月.
資料番号 RCS2019-272 
発行日 2020-01-16 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-42 SIP2019-55 RCS2019-272

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 広島市青少年センター 
開催地(英) Hiroshima City Youth Center 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO-OFDM伝送における並列処理を導入したMIMOチャネルのヌル空間を用いたピークキャンセル信号に基づく適応PAPR抑圧法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parallelly Processed Adaptive PAPR Reduction Method Using Null Space in MIMO Channel based on Peak Cancellation Signal for MIMO-OFDM Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) クリッピング・フィルタリング / clipping and filtering  
キーワード(5)(和/英) ピークキャンセラ / peak cancellation  
キーワード(6)(和/英) 演算量低減 / computational complexity reduction  
キーワード(7)(和/英) 並列処理 / parallel process  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 拓 / Taku Suzuki / スズキ タク
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 幹人 / Mikihito Suzuki / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-23 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2019-42,IEICE-SIP2019-55,IEICE-RCS2019-272 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.376(IT), no.377(SIP), no.378(RCS) 
ページ範囲 pp.37-43 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IT-2020-01-16,IEICE-SIP-2020-01-16,IEICE-RCS-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会