お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-22 14:00
[ポスター講演]炭素繊維素材からの非可聴域音観測と可聴化の検討
林 優太山田洋士石川高専EA2019-97
抄録 (和) 本稿では,炭素繊維強化プラスチック(CFRP:carbon fiber reinforced plastics)素材の破壊音の観測結果を報告する.直径10㎜のCFRP素材(平織り)のパイプに外力を加え,折損させた際の音をサンプリング周波数F_s=192kHzの条件で応答周波数仕様65kHzまでの広帯域マイクロホンにより取得して観測したところ,破壊音には数10kHz以上の非可聴域音が豊富に含まれていた.比較対象として,直径10㎜のポリカーボネート樹脂製パイプおよびガラスエポキシ基板の折損音の観測結果も示した.CFRPパイプに外力を加えた際には,明確に折損はしていないが素材に外力が加わることで生じた初期破壊音が観測され,その後,パイプ全体が折損する際に生じる破壊音が観測された.CFRPパイプの初期破壊音には,30~70kHzの成分が多く含まれており,ヒトの可聴周波数範囲の成分よりも非可聴域周波数成分がより卓越している.この初期破壊音の周波数スペクトルの形状は,樹脂含侵前の炭素繊維布(平織り)同士をこすり合わせた際に観測された音の周波数スペクトルと類似しており,CFRPパイプの初期破壊音は炭素繊維同士がこすれることによって発生する音であることを示唆していると考えている.これらの非可聴域音を可聴化する手法として,ダウンサンプラを用いた周波数変換処理を提案し,提案した処理をMATLABおよびSimulinkを用いて実装し,準リアルタイム動作が可能であることを確認した. 
(英) This paper describes observation results of the breaking sound of carbon fiber reinforced plastics (CFRP) materials. A mechanical load was applied to a 10 mm diameter CFRP pipe (plain weave) and the sound was observed using a broadband microphone with a 65 kHz treble cutoff frequency specification under the sampling frequency Fs = 192 kHz. For comparison, observation results of breaking sound of a polycarbonate resin pipe with a diameter of 10 mm and a glass epoxy board are also shown. When a load was applied to a CFRP pipe, an initial breaking sound caused by the load was observed, and then breaking sound was observed at entire pipe was broken. The initial breaking sound of the CFRP pipe contains of 30 to 70 kHz spectrum, and the non-audible frequency components are more prominent than those in the human audible frequency range. The shape of the frequency spectrum of the initial breaking sound is similar to the frequency spectrum of the sound observed when rubbing carbon fiber cloths (plain weave) before resin impregnation. The initial breaking sound of CFRP pipe is thought to suggest that the sound is generated by rubbing carbon fibers. To make these non-audible sounds audible, a frequency conversion method using a downsampler was proposed. The proposed method is implemented using MATLAB/Simulink, and it is confirmed that quasi-real-time processing is realized.
キーワード (和) 周波数変換 / 炭素繊維強化樹脂 / 超音波 / MATLAB/Simulink / 可聴化 / 準リアルタイム / /  
(英) frequency shift / carbon fiber reinforced plastic / ultrasound / MATLAB / Simulink / frequency shift to audible / quasi-real-time / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 375, EA2019-97, pp. 77-81, 2020年1月.
資料番号 EA2019-97 
発行日 2020-01-15 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-97

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2020-01-22 - 2020-01-23 
開催地(和) 同志社大学 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会>応用/電気音響,超音波,一般(共催:同志社大学超音波応用科学研究センター) 
テーマ(英) [Joint Meeting on Acoustics and Ultrasonics Subsociety] Engineering/Electro Acoustics, Ultrasonics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2020-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 炭素繊維素材からの非可聴域音観測と可聴化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Observations of non-audible sound from carbon fiber materials and implementation of frequency shift to the range of audibility signals using multirate techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数変換 / frequency shift  
キーワード(2)(和/英) 炭素繊維強化樹脂 / carbon fiber reinforced plastic  
キーワード(3)(和/英) 超音波 / ultrasound  
キーワード(4)(和/英) MATLAB/Simulink / MATLAB / Simulink  
キーワード(5)(和/英) 可聴化 / frequency shift to audible  
キーワード(6)(和/英) 準リアルタイム / quasi-real-time  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 優太 / Yuta Hayashi / ハヤシ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 石川工業高等専門学校 (略称: 石川高専)
National Institute of Technology, Ishikawa College (略称: NIT, Ishikawa College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 洋士 / Yoji Yamada / ヤマダ ヨウジ
第2著者 所属(和/英) 石川工業高等専門学校 (略称: 石川高専)
National Institute of Technology, Ishikawa College (略称: NIT, Ishikawa College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-22 14:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2019-97 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.375 
ページ範囲 pp.77-81 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2020-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会