お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-22 14:00
[ポスター講演]進行波型熱音響システムにおけるエネルギー変換に関する検討 ~ スタック内部温度分布と仕事流生成量の関係 ~
川島裕斗同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸倉田侑弥白木一希黒木大地渡辺好章同志社大US2019-82
抄録 (和) 本報告では,スタック内部温度分布が仕事流生成量に与える影響を実験的に検討した.スタック内部温度分布を能動的に変化させるためスタック片端だけでなくスタック中央にも熱源を設置する中間加熱方式を用いた.結果,中央加熱方式を用いた場合,スタック片端のみ加熱する手法と比べて仕事流生成量が約1.6倍に増加した.これは,スタック中央加熱により常温端側にも温度勾配が形成され,常温端側のエネルギー生成量が増加するため,仕事流生成量が増加したと考えられる.以上の議論より,スタック中央加熱方式は仕事流生成量の増加に有効であることが示唆された. 
(英) In this report, the effect of the temperature distribution in the stack on the amount of the work flow generation was experimentally examined. In order to actively change the temperature distribution in the stack, a method of heating the center of a stack was used in which a heat source was installed not only at one end of the stack but also at the center of the stack. As a result, when the central heating method was used, the amount of the work flow generation increased by about 1.6 times compared to the method in which only one end of the stack was heated. This is thought to be due to the fact that a temperature gradient is also formed at the room temperature end due to the center heating of the stack, and the amount of energy generation at the room temperature end increases. From the above discussion, it is suggested that the stack center heating method is effective in increasing the work flow generation.
キーワード (和) スタック / 温度分布 / 仕事流 / 仕事源 / 熱音響 / エネルギー / /  
(英) Stack / Temperature distribution / Work flow / Work source / Thermoacoustic / Energy / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 374, US2019-82, pp. 67-72, 2020年1月.
資料番号 US2019-82 
発行日 2020-01-15 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-82

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2020-01-22 - 2020-01-23 
開催地(和) 同志社大学 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会>応用/電気音響,超音波,一般(共催:同志社大学超音波応用科学研究センター) 
テーマ(英) [Joint Meeting on Acoustics and Ultrasonics Subsociety] Engineering/Electro Acoustics, Ultrasonics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 進行波型熱音響システムにおけるエネルギー変換に関する検討 
サブタイトル(和) スタック内部温度分布と仕事流生成量の関係 
タイトル(英) Study on energy conversion in a traveling-wave thermoacoustic-system 
サブタイトル(英) Relationship between temperature distribution in a stack and amount of work flow generation 
キーワード(1)(和/英) スタック / Stack  
キーワード(2)(和/英) 温度分布 / Temperature distribution  
キーワード(3)(和/英) 仕事流 / Work flow  
キーワード(4)(和/英) 仕事源 / Work source  
キーワード(5)(和/英) 熱音響 / Thermoacoustic  
キーワード(6)(和/英) エネルギー / Energy  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 裕斗 / Yuto Kawashima / カワシマ ユウト
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Dosisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 眞一 / Shin-ichi Sakamoto /
第2著者 所属(和/英) 滋賀県立大 (略称: 滋賀県立大)
University of Shiga Prefecture (略称: Univ. of Shiga Pref.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 陸 / Riku Onishi / オオニシ リク
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Dosisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉田 侑弥 / Yuya Kurata / クラタ ユウヤ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Dosisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 一希 / Kazuki Shiraki / シラキ カズキ
第5著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Dosisha Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒木 大地 / Daichi Kuroki / クロキ ダイチ
第6著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Dosisha Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 好章 / Yoshiaki Watanabe / ワタナベ ヨシアキ
第7著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Dosisha Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-22 14:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-82 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.374 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2020-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会