お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-17 13:00
無線LANにおけるグループキャスト方式が大容量データ伝送の信頼性向上に及ぼす影響
長原明良布目敏郎名工大CQ2019-128
抄録 (和) 本報告では,更新プログラムや教材などの大容量データを複数の端末に同時に配信する場合を考える.無線LANにおいて複数の信頼性グループキャスト方式を扱い,コンピュータデータを誤りなく伝送するのに要する時間を比較する.1つのアクセスポイントから複数の無線端末に大容量コンピュータデータをグループキャストにより伝送する.このとき,送信方式として,2つのユニキャスト方式,IEEE 802.11aa GCR Unsolicited Retry方式,IEEE 802.11aa GCR Block Ack方式の4種類を用いる.ネットワーク環境を種々に変更したシミュレーションによりコンピュータデータの送信に要した時間を比較する.
シミュレーションの結果,GCR Block Ack方式はほかの送信方式と比べ多様な環境下で短い送信時間を実現できることを示す. 
(英) In this report, we assume simultaneous distribution of updates or educational materials to several terminals .We deal with several reliable groupcast schemes and compare their required time to transmit computer data without error over a wireless LAN.A wireless access point transmits large-size computer data to several terminals by groupcast.We use four schemes: two unicast schemes, IEEE 802.11aa GCR Unsolicited Retry, and IEEE 802.11aa GCR Block Ack.We perform a computer simulation under various network conditions to compare the required time for transmission.As a result, we find that GCR Block Ack shows shorter transmission time than the other three schemes under various network conditions.
キーワード (和) 無線LAN / IEEE 802.11aa / グループキャスト / 大容量データ / 送信時間 / / /  
(英) wireless LAN / IEEE 802.11aa / groupcast / large-size data / transmission time / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 367, CQ2019-128, pp. 119-124, 2020年1月.
資料番号 CQ2019-128 
発行日 2020-01-09 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-128

研究会情報
研究会 CQ CBE  
開催期間 2020-01-16 - 2020-01-17 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英) NHK Science & Technology Research Laboratories 
テーマ(和) AR/VR、放送サービス、映像/音声サービスの品質、高臨場感、ユーザ行動/心理、ユーザ体験、メディア品質、ネットワークの品質・QoS制御、災害時のネットワークとコミュニケーション、機械学習、一般 
テーマ(英) AR/VR, Broadcasting Service, Video/Voice Services Quality, High Realistic, User Behavior/Psychology, User Experience, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2020-01-CQ-CBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANにおけるグループキャスト方式が大容量データ伝送の信頼性向上に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Effect of Groupcast Schemes on Reliability of Large-Size Data Transmission over a Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11aa / IEEE 802.11aa  
キーワード(3)(和/英) グループキャスト / groupcast  
キーワード(4)(和/英) 大容量データ / large-size data  
キーワード(5)(和/英) 送信時間 / transmission time  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長原 明良 / Akira Nagahara / ナガハラ アキラ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 布目 敏郎 / Toshiro Nunome / ヌノメ トシロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-17 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-128 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.367 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2020-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会