電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-17 09:00
メータテーブルによるトラフィック分割方式を用いた省電力化のためのスイッチ間帯域切り替え方式の検討
内田真吾木村成伴筑波大CQ2019-120
抄録 (和) 近年のインタネットトラフィックの急速な増加に伴い,ネットワークの消費電力を抑制することが重要な課題となっている.これに対して著者らは,組織内OpenFlowネットワークを対象とし,省電力化のためのリンク帯域切り替え(以下,従来方式と呼ぶ)を提案しているが,MPTCP (Multipath TCP)を利用した通信に限定されるという課題があった.そこで本論文では,OpenFlowのメータテーブルを用いたトラフィック分割方式を用いることで,MPTCP以外のプロトコルに従来方式を適用する可能性を検討する.提案方式では,メータテーブルによりパケットヘッダのDSCP値を変更することでトラフィックを分割する方式を導入し,トラフィック量に応じて,コントローラがリンク帯域を切り替え,トラフィックをこのリンク上に集約する.また,提案方式の動作が可能であることを検証するための通信実験についても述べる. 
(英) Recently, since the amount of Internet traffics rapidly increases, it is a very important subject to reduce power consumption of networks. The authors have proposed the adaptive link rate switching method (called the previous method) for power saving of organization networks with OpenFlow, however the method is restricted only for MPTCP communications. This paper introduces the traffic splitting method with meter tables and discusses whether or not the previous method can be provided for protocols other than MPTCP based on the splitting method. The proposed method introduces the traffic splitting method where the meter tables modify the DSCP value in a packet header. Based on the amount of the traffics, the controller switches a link rate and aggregates the traffics on the link. The paper also explains communication experiments to verify the feasibility of the proposed method.
キーワード (和) スイッチ間帯域切り替え方式 / トラフィック分割方式 / メータテーブル / OpenFlow / 省電力化 / / /  
(英) Link Rate Switching between Switches / Traffic Splitting Method / Meter Tables / OpenFlow / Power Saving / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 367, CQ2019-120, pp. 71-76, 2020年1月.
資料番号 CQ2019-120 
発行日 2020-01-09 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-120

研究会情報
研究会 CQ CBE  
開催期間 2020-01-16 - 2020-01-17 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英) NHK Science & Technology Research Laboratories 
テーマ(和) AR/VR、放送サービス、映像/音声サービスの品質、高臨場感、ユーザ行動/心理、ユーザ体験、メディア品質、ネットワークの品質・QoS制御、災害時のネットワークとコミュニケーション、機械学習、一般 
テーマ(英) AR/VR, Broadcasting Service, Video/Voice Services Quality, High Realistic, User Behavior/Psychology, User Experience, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2020-01-CQ-CBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メータテーブルによるトラフィック分割方式を用いた省電力化のためのスイッチ間帯域切り替え方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Adaptive Link Rate Switching Based on Traffic Splitting Method for Power Savings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スイッチ間帯域切り替え方式 / Link Rate Switching between Switches  
キーワード(2)(和/英) トラフィック分割方式 / Traffic Splitting Method  
キーワード(3)(和/英) メータテーブル / Meter Tables  
キーワード(4)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(5)(和/英) 省電力化 / Power Saving  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 真吾 / Shingo Uchida / ウチダ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 成伴 / Shigetomo Kimura / キムラ シゲトモ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-17 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-120 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.367 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2020-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会