お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-17 13:15
[ポスター講演]A Routing Method with Wire Length Matching for RSFQ Logic Circuits Using Thin PTLs
Kei KitamuraKyoto Univ)・Kazuyoshi TakagiMie Univ)・Naofumi TakagiKyoto UnivSCE2019-35
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) A routing method with wire length matching using thin PTLs for RSFQ circuits is proposed. For AIST-ADP2 fabrication technology for thin PTL technology is under development aiming at wiring four PTLs in a unit placement grid. The proposed method is supposed to use that technology. Two in the middle of four wiring tracks are reserved to be used for wire length matching and extension of routes are performed on the reserved wiring tracks after connecting placed gates. The routes can be extended without using relatively large via-holes by using the reserved wiring tracks, and therefore wire length matching can be done while using routing resources effectively.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) RSFQ logic circuits / Passive Transmission Lines / Routing / Wire-length matching / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 369, SCE2019-35, pp. 23-25, 2020年1月.
資料番号 SCE2019-35 
発行日 2020-01-09 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2019-35

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2020-01-16 - 2020-01-17 
開催地(和) 横浜市開港記念会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 超伝導エレクトロニクス一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2020-01-SCE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Routing Method with Wire Length Matching for RSFQ Logic Circuits Using Thin PTLs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / RSFQ logic circuits  
キーワード(2)(和/英) / Passive Transmission Lines  
キーワード(3)(和/英) / Routing  
キーワード(4)(和/英) / Wire-length matching  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 圭 / Kei Kitamura / キタムラ ケイ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 一義 / Kazuyoshi Takagi / タカギ カズヨシ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直史 / Naofumi Takagi / タカギ ナオフミ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-17 13:15:00 
発表時間 135 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2019-35 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.369 
ページ範囲 pp.23-25 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-SCE-2020-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会