お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-16 15:20
[特別招待講演]機械学習の光ファイバ通信への応用 ~ 非線形歪み補償と非線形伝送技術を中心に ~
三科 健久野大介丸田章博阪大CS2019-91
抄録 (和) 光通信システムの分野においても機械学習を応用した技術革新が大いに期待されている.機械学習の応用例は,非線形歪み補償,パフォーマンスモニタリング,ネットワーク異常検知をはじめ多岐にわたる領域で報告されている.本稿では,非線形歪み補償を中心に機械学習を応用した技術を解説し,我々のグループで取り組んでいる非線形伝送技術に機械学習を応用した結果について報告する. 
(英) Machine learning (ML) is expected to be a promising technology to promote innovations in optical communications. A number of applications of ML have been reported in different aspects of optical communications such as nonlinearity compensation, performance monitoring, network failure prediction and so on. In this report, we review ML-based technologies for nonlinearity compensation, and reprot on ML-based demodulation method for nonlinear transmission system.
キーワード (和) 機械学習 / 非線形歪み補償 / 非線形伝送技術 / / / / /  
(英) Machine Learning / Nonlinearity Compensation / Nonlinear Transmission Technology / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 365, CS2019-91, pp. 17-22, 2020年1月.
資料番号 CS2019-91 
発行日 2020-01-09 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2019-91

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2020-01-16 - 2020-01-17 
開催地(和) 別府豊泉荘(大分) 
開催地(英) Beppu Housensou Hotel (Oita Pref.) 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2020-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習の光ファイバ通信への応用 
サブタイトル(和) 非線形歪み補償と非線形伝送技術を中心に 
タイトル(英) Applications of Machine Learning to Nonlinear Compensation and Nonlinear Transmission Technologies in Optical Fiber Communication 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(2)(和/英) 非線形歪み補償 / Nonlinearity Compensation  
キーワード(3)(和/英) 非線形伝送技術 / Nonlinear Transmission Technology  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三科 健 / Ken Mishina / ミシナ ケン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 大介 / Daisuke Hisano / ヒサノ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-16 15:20:00 
発表時間 45 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2019-91 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2020-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会