電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-22 15:50
Lispを用いた漢文の構文解析と返り点情報の作成
長沢湖樹中ノ勇人八戸高専TL2019-53
抄録 (和) 構文解析というのは、文章を単語に分解し、その言語の句構造規則(文法)に沿って、単語どうしの相互関係を把握する解析である。本研究の目的は、与えられた漢文に対し、その形態素情報(単語ごとの辞書的情報)を参照することで、句構造解析を行い、そして返り点の情報を出力するコンピュータ・プログラムを作成する、というものである。このプログラムを作成することで、日本人の漢文学習に役立てられる、と考えられる。 
(英) Parsing is an analysis in which sentences are broken down into words and grasps in the interrelationships between the words accordance with the phrase structure rules (grammar) of the language. The purpose of this study is to create a computer program that performs phrase structure analysis and outputs return mark information by referring to the morphological information (lexical information for each word) for a given classical Chinese sentence. By creating this program, it is thought that it can be used for Japanese classical Chinese learning.
キーワード (和) LISP / 漢文 / 構文解析 / 返り点 / / / /  
(英) LISP / Classical Chinese / Parsing / Return mark / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 352, TL2019-53, pp. 61-65, 2019年12月.
資料番号 TL2019-53 
発行日 2019-12-15 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2019-53

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-12-22 - 2019-12-22 
開催地(和) 愛媛大学 〒790‐8577 松山市文京町3番 −1 
開催地(英)  
テーマ(和) テーマ: (1) 人間の心的特性に寄り添った学習環境のデザイン, (2) 言語表現と心的内面の関係, (3) 思考と言語一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Lispを用いた漢文の構文解析と返り点情報の作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parsing of classical Chinese sentence and automatically making of return mark information with Lisp 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LISP / LISP  
キーワード(2)(和/英) 漢文 / Classical Chinese  
キーワード(3)(和/英) 構文解析 / Parsing  
キーワード(4)(和/英) 返り点 / Return mark  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長沢 湖樹 / Mizuki Nagasawa / ナガサワ ミズキ
第1著者 所属(和/英) 八戸工業高等専門学校 (略称: 八戸高専)
National Institute of Technology, Hachinohe College (略称: NITHC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中ノ 勇人 / Hayato Nakano / ナカノ ハヤト
第2著者 所属(和/英) 八戸工業高等専門学校 (略称: 八戸高専)
National Institute of Technology, Hachinohe College (略称: NITHC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-22 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2019-53 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.61-65 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2019-12-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会