お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-22 16:20
Hot Sand と岩うつ波
原田康也早大)・平松裕子中大)・森下美和神戸学院大)・佐良木 昌明大TL2019-54
抄録 (和) 日本語の食事のメニューには海外からの影響・外来語の影響が大きい。しかし、近年ファミレスなどで人気の「チーズインハンバーグ」をそのまま英語で cheese in hamburg / cheese in hamburger steak と表記しても英語としては意味が通じない。日本語で「サンド」といえば、「サンドイッチ」を意味することも多いが、日本語の「ホットサンド」を英語で表現したつもりで hot sand と表記しても、砂漠で陽に照らされた灼熱の砂を想起することはあっても、toasted / grilled sandwiches を想起してもらうことは難しいであろう。ところが、飲食店のメニューに “hot sand” のような表記が見られるだけでなく、google で検索すると店名・調理器具の商品名などにも “hot sand” ないし “hotsand” といった表記が見られるのが現状である。一方で、最近の youtube では “tamago sandos” や “boiled egg salad sandos” のような “sando” の表記で、日本の「サンド」に言及しようとする英語表現も見られるようになってきた。ここには、英語  外来語としてのカタカナ語  短縮語  日本語固有の表現  日本語由来の借用語として英語に、というような言語接触・言語間交渉の流れが見られる。日本の料理・菓子などには茶道の影響などから独特の銘の使用があり、「氷室」や「岩うつ波」をそのまま英語に訳しても何も伝わらない可能性が高い。本発表では、料理名をひとつのきっかけとして、英語と日本語との適切な交渉の在り方について若干の考察を試みる。 
(英) Many menu items in Japanese restaurants, coffee shops and sweet shops are influenced by foreign words and phrases and are sometimes expressed or written in Katakana characters. Some of those may be transcribed into English, French and Italian and make sense, but others may produce expressions that are incomprehensible to native speakers of those languages. As an example, sandwiches are borrowed from English into Japanese as サンドイッチ or sandoicchi, which is then truncated into サンド or sando. Some restaurants and eateries in Japan mistakenly express this as “sand”, most typically in “hot sand,” which in English cannot mean anything edible. Interestingly, there are uses of “sandos” on some of the more recent YouTube video clips, most notably with reference to “tamago sandos” or “boiled egg salad sandos.”
キーワード (和) カタカナ語 / 外来語 / 借用語 / 短縮語 / 言語接触 / 言語間交渉 / /  
(英) Katakana Words / Loan Words / Truncation / Translanguaging / Language Contact / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 352, TL2019-54, pp. 67-72, 2019年12月.
資料番号 TL2019-54 
発行日 2019-12-15 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2019-54

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-12-22 - 2019-12-22 
開催地(和) 愛媛大学 〒790‐8577 松山市文京町3番 −1 
開催地(英)  
テーマ(和) テーマ: (1) 人間の心的特性に寄り添った学習環境のデザイン, (2) 言語表現と心的内面の関係, (3) 思考と言語一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-12-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Hot Sand と岩うつ波 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) What could "hot sand" and "waves gushing against a rock" possibly mean in Japanese restaurants and sweet shops? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カタカナ語 / Katakana Words  
キーワード(2)(和/英) 外来語 / Loan Words  
キーワード(3)(和/英) 借用語 / Truncation  
キーワード(4)(和/英) 短縮語 / Translanguaging  
キーワード(5)(和/英) 言語接触 / Language Contact  
キーワード(6)(和/英) 言語間交渉 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 康也 / Yasunari Harada, /
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 裕子 / Yuko Hiramatsu /
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森下 美和 / Miwa Morishita /
第3著者 所属(和/英) 神戸学院大学 (略称: 神戸学院大)
Kobe Gakuin University (略称: Kobe Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐良木 昌 / Masashi Saraki /
第4著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-22 16:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2019-54 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2019-12-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会