電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-20 13:25
近接検知を用いた児童引率支援システムのシミュレーション評価
上形雛乃長谷川治久日本女子大IN2019-58
抄録 (和) 近年、待機児童問題を解決するため保育士の負担軽減が求められている。そこで本研究ではIoTにより保育業務を支援することを狙いとして、はぐれた児童を先生に通知する児童引率支援システムを提案している。本システムでは移動デバイス間の近接状況を把握するため受信電波強度(RSSI)による位置推定を利用する。しかしRSSIを利用して距離推定を行うと、反射の影響で正しい距離推定が出来ないことがある。そのため複数の先生を通して得られる情報を一度サーバで統合し、全体を見渡した判断を行うことではぐれた児童を適切に推定したい。本稿ではシミュレーションを通してはぐれた児童が正しく判定できるか評価を行った。また、間違い率の連続回数についても検討した。 
(英) There is still a serious problem of "children on the waiting lists for nurseries" in japan. Solving the problem it is required to reduce the burden of a nursery teacher. We proposed the IoT system which supports nursery teachers to watch over a group of many children. Our proposed system detects the stray children who aren't in the area covered by all the teachers. The teacher has a device which estimates the distance from the beacon of each children by using by received signal strength indicator (RSSI). The estimated distance however has a relatively large error by the reflection of wave. The system judges whether each child is strayed based on the integrated information from multiple teachers. This paper describes how the strayed child detection works and the accuracy estimated by simulation.
キーワード (和) IoT / 児童見守り / RSSI / 距離推定 / / / /  
(英) Internet of Things / Watching over Children / RSSI / distance estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 342, IN2019-58, pp. 75-80, 2019年12月.
資料番号 IN2019-58 
発行日 2019-12-12 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-58

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-20 
開催地(和) サテライトキャンパスひろしま 
開催地(英) Satellite Campus Hiroshima 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般
※※※ 本研究会の2日目は情報指向ネットワーク技術特別研究会(ICN)とも併催です。※※※ 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近接検知を用いた児童引率支援システムのシミュレーション評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Simulation Evaluation for Support System of Watching Over Children with Proximity Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / Internet of Things  
キーワード(2)(和/英) 児童見守り / Watching over Children  
キーワード(3)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(4)(和/英) 距離推定 / distance estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上形 雛乃 / Hinano UegataWomen's University / ウエガタ ヒナノ
第1著者 所属(和/英) 日本女子大学 (略称: 日本女子大)
Japan Women's University (略称: Japan Women's Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 治久 / Haruhisa Hasegawa / ハセガワ ハルヒサ
第2著者 所属(和/英) 日本女子大学 (略称: 日本女子大)
Japan Women's University (略称: Japan Women's Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-20 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-58 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会