お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-20 16:20
マイクロ波によるグラファイトの親水化と導電性の評価
森田 翔柴田晴斗松尾大樹坂口幸一佐賀大OME2019-45
抄録 (和) 過酸化水素水溶液中のグラファイトにマイクロ波を照射することによって、マイクロ波照射酸化グラファイト(MWGO)の合成を行った。 マイクロ波によって発生するヒドロキシルラジカルとの化学反応によってグラファイトに酸素官能基を導入し、その結果、MWGOは水中において高い分散性を示した。この化学反応はグラファイトエッジでのみ発生し、強力な酸化剤を使用する他の化学的方法よりも環境リスクを低減することが可能である。また、得られた試料は還元していないにもかかわらず、原料グラファイトよりも高い導電率を示した。その値はマイクロ波照射時間の増加とともに向上し、最大約140 S / mmに達した。 これは、マイクロ波による結晶性の向上と欠陥密度の低下によって試料の抵抗が減少したためであると考えられる。 よって、マイクロ波照射によって作製した酸化グラファイトは、印刷可能な導電性炭素材料として期待される 
(英) Microwave Graphite Oxide (MWGO) was synthesized by using microwave irradiation to graphite in hydrogen peroxide solution. The oxygen functional groups were introduced into the graphite via chemical reaction with hydroxyl radicals generated by microwave irradiation. As a result, the MWGO showed high dispersibility in water. This chemical reaction occurs only at the graphite edge and leads to reduce environmental risks compared to other chemical methods using strong oxidizing agents. Moreover, the obtained samples show the higher conductivity than raw graphite in spite of non-reduction. The conductivity of the MWGO was increased with increasing microwave irradiation time, and the maximum value was reached to about 140 S/mm. This result is explained by improvement of high crystallinity and low defect density using microwave irradiation. Therefore, the MWGO is expected as a printable conductive carbon material.
キーワード (和) マイクロ波 / ヒドロキシラジカル / 酸化グラファイト / 導電性炭素材料 / / / /  
(英) Microwave / Hydroxy Radical / Graphite Oxide / Conductive Carbon Material / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 350, OME2019-45, pp. 41-44, 2019年12月.
資料番号 OME2019-45 
発行日 2019-12-13 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2019-45

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2019-12-20 - 2019-12-20 
開催地(和) アバンセ(佐賀市:佐賀駅徒歩10分) 
開催地(英) avancée (Saga city) 
テーマ(和) 有機分子エレクトロニクス・フォトニクス、ポリマー光材料・デバイス、その他一般 
テーマ(英) organic molecular electronics and photonics, polymer optical materials and devices, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2019-12-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロ波によるグラファイトの親水化と導電性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hydrophilization and conductivity evaluation of graphite by microwave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(2)(和/英) ヒドロキシラジカル / Hydroxy Radical  
キーワード(3)(和/英) 酸化グラファイト / Graphite Oxide  
キーワード(4)(和/英) 導電性炭素材料 / Conductive Carbon Material  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 翔 / Sho Morita / モリタ ショウ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 晴斗 / Haruto Shibata / シバタ ハルト
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 大樹 / Daiki Matsuo / マツオ ダイキ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂口 幸一 / Koichi Sakaguchi / サカグチ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-20 16:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2019-45 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.350 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OME-2019-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会