お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-20 11:15
ジェスチャーが発話内容の記憶に与える影響の検討
三尾聖二新美亮輔新潟大HIP2019-76
抄録 (和) 日常的な会話においてジェスチャーは聞き手の理解を促進すると考えられるが,記憶にも影響するのだろうか。Kellyら(1999)は,ジェスチャーが発話内容の直後再生成績を高めることを示した。本研究では同様の実験を行い,直後と1週間後の発話内容の再生成績を検討したところ,直後再生ではジェスチャーの効果が見られた。しかし1週間後の再生では影響が見られず,ジェスチャーの効果は短期間であることが示唆された。 
(英) It has been claimed that gestures promote human speech understanding, while it is yet unclear to what extent gestures contribute to human memory concerning speech content. Kelly et al. (1999) demonstrated that immediate recall of speech content was enhanced by gestures. Here we examined whether such memory enhancement would endure after 1 week. The result showed that, however, the gestures did not affect the speech content recall with 1 week delay. The human memory of gesture-related information might decay rapidly.
キーワード (和) ジェスチャー / 記憶 / 会話 / / 非言語コミュニケーション / / /  
(英) gestures / human memory / speech / hands / non-verbal communications / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 348, HIP2019-76, pp. 61-64, 2019年12月.
資料番号 HIP2019-76 
発行日 2019-12-12 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2019-76

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-20 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC, Tohoku University 
テーマ(和) マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-12-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ジェスチャーが発話内容の記憶に与える影響の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the effect of gestures on the memory of speech content 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ジェスチャー / gestures  
キーワード(2)(和/英) 記憶 / human memory  
キーワード(3)(和/英) 会話 / speech  
キーワード(4)(和/英) / hands  
キーワード(5)(和/英) 非言語コミュニケーション / non-verbal communications  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三尾 聖二 / Seiji Mio / ミオ セイジ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新美 亮輔 / Ryosuke Niimi / ニイミ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata U)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-20 11:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2019-76 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会