電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-20 14:55
新幹線を用いた高速移動環境における28 GHz帯5G伝送実験
野中信秀村岡一志奥山達樹須山 聡奥村幸彦浅井孝浩NTTドコモ)・松村善洋JR東海RCS2019-264
抄録 (和) 日本では,3.7 GHz帯,4.5 GHz帯,28 GHz帯を用いて2020年春から第5世代移動通信システム(5G)の商用サービスが開始される予定である.特に,28 GHz帯では400 MHzの広帯域幅が利用できるため,高速通信への期待が高まっている.一方,5Gのさらなる発展に向けては,28 GHz等の高SHF帯やEHF帯を用いた高速通信が,高速鉄道などの高速移動環境においても安定して提供されることが求められる.筆者らは,ビームフォーミング機能およびビーム追従機能を有する28 GHz帯5G実験装置を用いて,時速100 km程度の速度で走行する鉄道環境での伝送実験により高速通信が可能なことを実証してきた.しかしながら,さらに高速移動する新幹線において将来5Gを使用することを想定すると,ビーム方向がさらに高速に変化し,また,増大するドップラーシフトにより28 GHz帯伝送の特性劣化も懸念される.そのため,最高時速283 kmで走行する実際の新幹線を用いた28 GHz帯5G伝送実験を実施した.本報告では,同伝送実験で用いた実験装置,東海道新幹線沿線付近に配置した3台の基地局および新幹線車内に設置した移動局等の実験構成について示し,高速移動環境で取得された下りリンク5G伝送特性を明らかにする. 
(英) Commercial services in fifth-generation (5G) mobile communication system will start by using 3.7 GHz, 4.5 GHz, and 28 GHz bands in Japan. Especially, in the 28 GHz band, the higher bit-rate transmission attracts much attention because the wider bandwidth of 400 MHz is available. On the other hand, for further enhancement of 5G (5G evolution), it is expected that the more stable high bit-rate transmission using high SHF bands such as 28 GHz or EHF bands is realized even in high-mobility environments such as high-speed trains. We conducted 5G experimental trials employing 28 GHz-band 5G experimental systems that implement beamforming and beam tracking functions in railway environments where a train travels at a velocity of almost 100 km/h, and verified the feasibility of the stable high bit-rate transmission. However, in future 5G use cases in the Shinkansen, a dynamic change of the beam direction and the larger Doppler shift may cause performance degradation of the 28 GHz-band transmission. Thus, we have conducted a 28 GHz-band 5G experimental trial using an actual high-speed bullet train that runs at a maximum speed of 283 km/h. This report introduces a 28 GHz-band 5G experimental system used for the 5G experimental trial and detailed experimental configuration where three base stations were deployed along rail track of the Tokaido Shinkansen and a mobile station was set in a vehicle, and clarifies downlink transmission performances measured in such a high-mobility environment.
キーワード (和) 5G / 高速鉄道 / 高速移動 / Massive MIMO / ビームフォーミング / / /  
(英) 5G / High-speed train / High mobility / Massive MIMO / Beamforming / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 345, RCS2019-264, pp. 145-150, 2019年12月.
資料番号 RCS2019-264 
発行日 2019-12-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-264

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-20 
開催地(和) 徳島大学 工業会館 
開催地(英) Memorial Hall of Alumni(Engineering), Tokushima Univ. 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 新幹線を用いた高速移動環境における28 GHz帯5G伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 28GHz Band 5G Experimental Trial in High Mobility Environment Using the Shinkansen 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 高速鉄道 / High-speed train  
キーワード(3)(和/英) 高速移動 / High mobility  
キーワード(4)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(5)(和/英) ビームフォーミング / Beamforming  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野中 信秀 / Nopbuhide Nonaka / ノナカ ノブヒデ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 一志 / Kazushi Muraoka / ムラオカ カズシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 孝浩 / Takahiro Asai / アサイ タカヒロ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 善洋 / Yoshihiro Matsumura / マツムラ ヨシヒロ
第7著者 所属(和/英) 東海旅客鉄道株式会社 (略称: JR東海)
Central Japan Railway Company (略称: JR Central)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-20 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-264 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.345 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会