電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-19 13:25
[依頼講演]無線通信への機械学習の適用に関する一検討
谷尾真明・○石井直人神谷典史NECNS2019-141 RCS2019-244
抄録 (和) 近年、通信性能の向上を目指し、機械学習を無線通信における様々な信号処理に適用する研究開発が盛んに行われている。また、適用される領域も物理層からアプリケーション層まで広い範囲にて検討されている。本報告では、無線送信機に搭載されている電力増幅器の歪補償回路の設計に機械学習を適用することを一例として取り上げ、電力増幅器の持つ非線形歪に対してニューラルネットワークを用いた歪補償回路の補償性能について紹介する。その他、通信制御へ機械学習を適用する取り組みについて概要を説明する。 
(英) Research and development for the application of machine learning to various areas of signal processing in wireless communication is being extensively performed in recent years, aiming at the improvement of the communication performance. The considered region of application ranges from the physical layer to application layers. We show a first example, in which we apply machine learning to the design of distortion compensation circuit for a power amplifier in a wireless system transmitter; namely, we report the compensation performance of the distortion compensation circuit using a neural network for the nonlinear distortion of the power amplifier. Moreover, we show activity related to machine learning technology applied to communication control.
キーワード (和) 機械学習 / 無線信号処理 / 非線形歪 / / / / /  
(英) Machine Learning / Signal Processing / Wireless Communication / Non Linear Distortion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 345, RCS2019-244, pp. 43-43, 2019年12月.
資料番号 RCS2019-244 
発行日 2019-12-12 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-141 RCS2019-244

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-20 
開催地(和) 徳島大学 工業会館 
開催地(英) Memorial Hall of Alumni(Engineering), Tokushima Univ. 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線通信への機械学習の適用に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Some Applications of Machine Learning to Wireless Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(2)(和/英) 無線信号処理 / Signal Processing  
キーワード(3)(和/英) 非線形歪 / Wireless Communication  
キーワード(4)(和/英) / Non Linear Distortion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷尾 真明 / Masaaki Tanio / タニオ マサアキ
第1著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 直人 / Naoto Ishii /
第2著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 典史 / Norifumi Kamiya / カミヤ ノリフミ
第3著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-19 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-NS2019-141,IEICE-RCS2019-244 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.344(NS), no.345(RCS) 
ページ範囲 p.43 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NS-2019-12-12,IEICE-RCS-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会