電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-19 10:55
再帰的手順に基づくSパラメータの間接測定法
前田 登福井伸治SOKEN)・関根敏和高橋康宏岐阜大MW2019-119
抄録 (和) 相反多ポート回路の一部のポートを直接測定することなく全Sパラメータを測定する新しい手法を提案している.本方法は,それらのポートに既知負荷の組を接続し,その値を変えつつ,残りのポート間のSパラメータを直接測定することを複数回繰り返し,得られた測定データより回路全体のS行列を推定するものである.本報告では直接測定ポート数より間接測定ポート数が多い場合について、間接測定ポートの一部を既知負荷で終端して一時的に測定対象から除外し,過去に提案した少数のポートを間接測定する場合の手法に帰着して部分的な間接測定Sパラメータ値を得て,それを仮想的な直接測定値とみなす,ということをポートの除外が不要になるまで再帰的に行なうことで全体のS行列を推定している.小型回路基板を対象とした数値例により手法の妥当性と推定の安定性を評価している. 
(英) A measurement method for the S-parameters of a multiport reciprocal circuit is reported where the majority of the ports (indirect-measured ports) are connected with some known loads and the remaining ports are directly measured by changing the load values. First, some of the indirect-measured ports are terminated with loads to temporarily exclude them from the measurements so that the number of indirect-measured ports equals to that of direct-measured ports. Then, our previously proposed method for a circuit in which the majority of ports are directly measured is applied to estimate the partial S-matrix. It is treated as if directly measured and the process is recursively repeated until no ports need to be excluded. A numerical experiment with a simple PCB is shown to evaluate the validity and the robustness of this method.
キーワード (和) Sパラメータ / 間接測定 / 多ポート回路 / 自動車部品 / / / /  
(英) S parameter / indirect measurement / multiport circuit / automotive components / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 346, MW2019-119, pp. 5-10, 2019年12月.
資料番号 MW2019-119 
発行日 2019-12-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2019-119

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-19 
開催地(和) 岐阜大学サテライトキャンパス 
開催地(英) Gifu Unif. Satellite Campus 
テーマ(和) 計測技術/一般 
テーマ(英) Measurement / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2019-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再帰的手順に基づくSパラメータの間接測定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recursive Method for S-parameter Indirect Measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Sパラメータ / S parameter  
キーワード(2)(和/英) 間接測定 / indirect measurement  
キーワード(3)(和/英) 多ポート回路 / multiport circuit  
キーワード(4)(和/英) 自動車部品 / automotive components  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 登 / Noboru Maeda / マエダ ノボル
第1著者 所属(和/英) 株式会社 SOKEN (略称: SOKEN)
SOKEN, INC. (略称: SOKEN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 伸治 / Shinji Fukui / フクイ シンジ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 SOKEN (略称: SOKEN)
SOKEN, INC. (略称: SOKEN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関根 敏和 / Toshikazu Sekine / セキネ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 康宏 / Yasuhiro Takahashi / タカハシ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-19 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2019-119 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.346 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会