電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-19 09:40
[奨励講演]クラウドセンシングとV2X技術に基づく新世代広域道路状況共有プラットフォーム
佐藤剛至NICT)・柴田義孝岩手県立大)・内田法彦福岡工大NS2019-135
抄録 (和) NICTではこれまで,既存の携帯網などの通信インフラが途絶・輻輳等により利用できない状況や中山間地域の電波状況が依然として悪い地域を想定し,情報伝達や車両に対する注意喚起を行うネットワークリソース確保に資するLPWA(LoRa)を用いた自営網を用いたLoRaフラッディングシステムを開発してきた.本研究では,同一チャネルで時分割アクセス制御を行う本方式を,より車車間・路車間通信に適するように改良し,実機を用いて性能を評価する. 
(英) Although the LoRa private network has started to be used in various applications due to its characteristics, there are only arrangements for carrier sense time, transmittable time, and post-transmission standby time on the LoRa standard and Radio Law, It is necessary for the user side to independently deal with behaviors related to retransmission of data lost at the time of collision and error correction function. In addition, since it is a relatively new wireless communication method, it can be said that it is almost in a disorderly state without unified guidelines and tacit agreements that have been accumulated in the usual way. In this paper, we develop a system for roadside communication using LoRa flooding technology developed by NICT and verify the basic performance.
キーワード (和) LoRa / 路車間通信 / / / / / /  
(英) LoRa / V2I communication / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 344, NS2019-135, pp. 7-11, 2019年12月.
資料番号 NS2019-135 
発行日 2019-12-12 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-135

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-20 
開催地(和) 徳島大学 工業会館 
開催地(英) Memorial Hall of Alumni(Engineering), Tokushima Univ. 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドセンシングとV2X技術に基づく新世代広域道路状況共有プラットフォーム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A new generation wide area road condition sharing platform based on cloud sensing and V2X technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LoRa / LoRa  
キーワード(2)(和/英) 路車間通信 / V2I communication  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 剛至 / Goshi Sato / サトウ ゴウシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology of Japan (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 義孝 / Yoshitaka Shibata / シバタ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 法彦 / Uchida Noriki / ウチダ ノリキ
第3著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: Fukuoka Institute of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-19 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2019-135 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会