電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-19 16:40
[招待講演]非常時における通信ネットワークの即時構築に関する研究
太田 香室蘭工大NS2019-148 RCS2019-251
抄録 (和) 災害発生後の正確かつ迅速な支援・救援のためには、被災地の被害状況をリアルタイムに把握することが重要である。しかし実際には、既存のネットワークインフラが被災する場合が多いうえ、ゼロからの通信回線の再構築は困難である。本講演では、非常時に代替となる緊急通信ネットワークを即時構築するための3つのアプローチを紹介する。最初に、平時に使用するIoTデバイス及びLPWANなどのIoT専用通信回線を用いた緊急通信ネットワークを構築する方法を紹介する。IoTデバイスは今後益々増加する傾向にあり、IoTデバイスの密度とカバレッジは大規模なネットワークの即時構築に適しているほか、耐災害専用インフラの構築が不要になるためコスト面でも優れている。次に、緊急時にローカルのユーザ間通信を実現する方法としてD2Dネットワークが注目されている。私たちはInformation-Centric Networking(ICN)とFog Computingを適用し、D2Dネットワーク確立後の効率的なノード間のルーティングストラテジーを提案した。最後に、UAVのモビリティを利用したネットワークユーザ捜索の方法を紹介する。既存の基地局が使用できない場合、ユーザの位置が特定できない。この課題を解決するため、UAVカメラを用いて自律的に飛行を制御させ、ユーザを自動捜索する方法を提案した。 
(英) Information services play a very important role in digital/virtual asset protection and crucial phase during disasters strike, which aims at providing immediate assistance to maintain life and improving health of affected populations. However, once existing network infrastructures get damaged, the basic connection of communication cannot be guaranteed, and the delivery of the information services is blocked. To solve the problem, we present three approaches to realize fast networking for disaster recovery in this talk. First, since IoT devices are deployed more and more, billions of connected devices become a great opportunity for building communications to resilient emergencies. We propose a novel communication framework to support consistent communications with IoT devices and networks (e.g., LPWAN) for disaster recovery. Second, since D2D networks are promising to build communications among users in disaster areas, we combine Information-Centric Networking and Fog Computing and propose a new efficient routing strategy for D2D users. Third, it is difficult to find network users in disaster areas after existing base stations are damaged. To solve the problem, we propose a UAV self-navigation strategy based on an onboard camera to autonomously find users.
キーワード (和) 耐災害ネットワーク / IoT / ICN / Fog / UAV / / /  
(英) Resilient networks / IoT / ICN / Fog / UAV / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 345, RCS2019-251, pp. 75-75, 2019年12月.
資料番号 RCS2019-251 
発行日 2019-12-12 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-148 RCS2019-251

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-20 
開催地(和) 徳島大学 工業会館 
開催地(英) Memorial Hall of Alumni(Engineering), Tokushima Univ. 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非常時における通信ネットワークの即時構築に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast Networking for Disaster Recovery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 耐災害ネットワーク / Resilient networks  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) ICN / ICN  
キーワード(4)(和/英) Fog / Fog  
キーワード(5)(和/英) UAV / UAV  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 香 / Kaoru Ota / オオタ カオル
第1著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran-IT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-19 16:40:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-NS2019-148,IEICE-RCS2019-251 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.344(NS), no.345(RCS) 
ページ範囲 p.75 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NS-2019-12-12,IEICE-RCS-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会