お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-19 15:45
視触覚トライポフォビア
徐 皓芹九大)・佐々木恭志郎早大/九大/学振)・山田祐樹九大HIP2019-68
抄録 (和) 円形の凹凸の集合体の画像を見ると強い不快感が喚起される (トライポフォビア).本研究では,凹凸が触覚にも与えられた場合に視覚的なトライポフォビアがどのような影響を受けるのかを検討した.まず,実験1および2において視覚・触覚刺激を個別に感情評価させた.実験3では,参加者は触覚刺激を撫でながら画像を観察し,その感情価を評定した.その結果,触覚刺激による画像の感情価への影響は見られなかった.実験4では,参加者は画像観察直後に触覚刺激を2000 ms間撫で,その後に画像の感情価を評定した.その結果,円形集合体画像および中性画像条件のいずれにおいても,凸刺激接触時に凹刺激と平坦刺激接触時よりも画像が不快と評価された.これらの結果は,視触覚情報の統合がトライポフォビアに関与することを示唆する. 
(英) Strong discomfort is aroused when looking at the image of clusters of holes (trypophobia). We examined how trypophobia arousing from the images is affected by tactile sensation of convex and concave materials. In Experiments 1 and 2 we measured emotional valence of visual and tactile stimuli individually. In Experiment 3, participants evaluated emotional valence of the trypophobic and neutral images while touching the tactile stimuli. The results showed no significant effect of the tactile stimulation on the image evaluation. In Experiment 4, participants observed the images and then immediately touched the tactile stimulus for 2000 ms. After presentation of these visual and tactile stimuli, they evaluated emotional valence of the images. As a result, both types of the images were evaluated as more uncomfortable when touching the convex stimulus than when touching the concave or flat stimulus. Our findings suggest that integration of visuo-tactile information is involved with trypophobia.
キーワード (和) トライポフォビア / 視覚 / 触覚 / マルチモーダル / / / /  
(英) Trypophobia / Vision / Tactile / Multimodality / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 348, HIP2019-68, pp. 19-24, 2019年12月.
資料番号 HIP2019-68 
発行日 2019-12-12 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2019-68

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-12-19 - 2019-12-20 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC, Tohoku University 
テーマ(和) マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-12-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視触覚トライポフォビア 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visuo-tactile trypophobia 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トライポフォビア / Trypophobia  
キーワード(2)(和/英) 視覚 / Vision  
キーワード(3)(和/英) 触覚 / Tactile  
キーワード(4)(和/英) マルチモーダル / Multimodality  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徐 皓芹 / Haoqin Xu / ジョ コウキン
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 恭志郎 / Kyoshiro Sasaki / ササキ キョウシロウ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学/九州大学/日本学術振興会特別研究員 (略称: 早大/九大/学振)
Waseda University/Kyushu University/Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science (略称: Waseda Univ./Kyushu Univ./JSPS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 祐樹 / Yuki Yamada / ヤマダ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-19 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2019-68 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2019-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会