お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-17 13:35
自動運転車の高速通信部向け機能安全設計技術の開発
渡邊のぞみ新保健一鳥羽忠信日立SSS2019-23
抄録 (和) 自動運転レベルの向上に伴い,ECU(Electronic Control Unit)に接続されるカメラ数が急増し,機能安全設計対象部品の増加による機能安全設計工数の増大が課題となっている.また,車内のカメラ-ECU間の通信は急速に高速化が進むとともに,通信規格数が増加している.機能安全設計は規格毎に実施する必要があるため,通信部に関する機能安全設計工数は規格数に合わせて増加する.本稿では,機能安全の設計工数,特に通信部分の工数を削減する機能安全設計手法について述べる. 
(英) Along with the improvement of autonomous driving level, a number of Functional Safety (FuSa) elements has increased and FuSa design man-hours, especially for communication Interface (I/F), have also increased. In addition, Gbps-level high-speed communication between sensor and Electronic Control Unit (ECU) is rapidly required. Therefore, standardization of communication has not kept up and there’re many high speed communication standards. FuSa design for communication I/F also increase because individual FuSa design is required for each standards. In this paper, I’ll explain about a design method to shorten the FuSa design man-hours for communication I / F.
キーワード (和) 自動運転車 / 機能安全 / ISO26262 / 高速通信 / / / /  
(英) Autonomous Car / Functional Safety / ISO26262 / High Speed Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 341, SSS2019-23, pp. 5-8, 2019年12月.
資料番号 SSS2019-23 
発行日 2019-12-10 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2019-23

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2019-12-17 - 2019-12-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 機械安全、電気安全、機能安全、産業安全 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2019-12-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転車の高速通信部向け機能安全設計技術の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Functional Safety Design Method for High-speed Communication in Autonomous Car 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動運転車 / Autonomous Car  
キーワード(2)(和/英) 機能安全 / Functional Safety  
キーワード(3)(和/英) ISO26262 / ISO26262  
キーワード(4)(和/英) 高速通信 / High Speed Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 のぞみ / Nozomi Watanabe / ワタナベ ノゾミ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新保 健一 / Kenichi Shimbo / シンボ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥羽 忠信 / Tadanobu Toba / トバ タダノブ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-17 13:35:00 
発表時間 35 
申込先研究会 SSS 
資料番号 IEICE-SSS2019-23 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.341 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SSS-2019-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会