電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-12 10:15
アクティブラーニング環境における非接触操作の評価指標の検討
横山大知武田祐樹中道 上山之上 卓福山大)・渡辺恵太エムスリー
抄録 (和) 本研究では,ディスプレイを囲んでグループ学習を行い,ファシリテーターがポインティングデバイスを用いてディスプレイ上の問題点を指摘する場面を想定している.ファシリテーターのポインティングデバイス操作の応答性として,ファシリテーターが問題に気づき,ポインティングデバイスを持って指し示すまでの「動き出し」とディスプレイ上の「カーソル移動」で目的位置を指し示すまでの時間の合計を応答時間とする.応答性評価実験の結果,非接触操作システムであるRemote Touch Pointingがマウスやリモートコントローラーと比較して最も応答性が高いことを明らかにした. 
(英) We envision group learning in front of the display. At that time, the facilitator points out the problem on display using the pointing device. We define the responsiveness of the pointing device. It consists of “Start moving” and "Cursor movement”. ”Start moving” is from holding the pointing device to pointing. "Cursor movement" is until the target position on the display was pointed. As a result of responsiveness evaluation, it was clarified that Remote Touch Pointing, which is a non-contact operation system, has the high responsiveness compared to mouse and remote controller.
キーワード (和) ポインティング / Natural User Interface / ユーザビリティ / グループワーク / / / /  
(英) Pointing / Natural User Interface / Usability / Group work / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2019-12-11 - 2019-12-13 
開催地(和) 広島県情報プラザ(広島) 
開催地(英) Hiroshima-ken Joho Plaza (Hiroshima) 
テーマ(和) HCGシンポジウム2019 
テーマ(英) HCG Symposium 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2019-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクティブラーニング環境における非接触操作の評価指標の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation metrics of Non-contact Operation in Active Learning Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ポインティング / Pointing  
キーワード(2)(和/英) Natural User Interface / Natural User Interface  
キーワード(3)(和/英) ユーザビリティ / Usability  
キーワード(4)(和/英) グループワーク / Group work  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 大知 / Daichi Yokoyama / ヨコヤマ ダイチ
第1著者 所属(和/英) 福山大学 (略称: 福山大)
Fukuyama University (略称: Fukuyama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 祐樹 / Yuki Takeda / タケダ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 福山大学 (略称: 福山大)
Fukuyama University (略称: Fukuyama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中道 上 / Noboru Nakamichi / ナカミチ ノボル
第3著者 所属(和/英) 福山大学 (略称: 福山大)
Fukuyama University (略称: Fukuyama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山之上 卓 / Takashi Yamanoue / ヤマノウエ タカシ
第4著者 所属(和/英) 福山大学 (略称: 福山大)
Fukuyama University (略称: Fukuyama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 恵太 / Keita Watanabe / ワタナベ ケイタ
第5著者 所属(和/英) エムスリー株式会社 (略称: エムスリー)
M3, Inc. (略称: M3, Inc.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-12 10:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会