電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-12 15:15
埋込み領域選択可能な暗号化画像のための可逆情報埋込み法
井澤佑介平澤凌一今泉祥子千葉大)・貴家仁志首都大東京SIS2019-28
抄録 (和) 本稿では,原画像に対してあらかじめ埋め込んだ情報を,暗号化処理後の出力画像から抽出することが可能な可逆情報埋込み法を提案する.提案法は,まず,原画像をブロックに分割した後,各ブロック内の画素値やその配列に応じて埋込みブロックの順番を決定し,ヒストグラム移動を用いた可逆情報埋込み処理を行う.その後,埋込み時に分割したブロックを単位として,ブロックスクランブル暗号化を施す.これにより,出力画像から,暗号を解除することなく,原画像に埋め込んだ情報を抽出することができる.このことは,暗号化処理が施された出力画像からあらかじめ埋め込まれたその画像自身の情報を抽出することで,暗号を解除することなく画像検索を可能とする.一方で,提案法は,暗号化後に情報を埋め込み,暗号を解除した後でその情報を抽出することも可能であり,埋込み領域を選択できる手法である.シミュレーションにより,提案法で生成された出力画像について,秘匿性能と圧縮特性の観点から評価を行い,提案法の有効性を確認する. 
(英) In this paper, we propose a reversible data hiding method, where the data embedded into the original image can be extracted in the encrypted domain. The proposed scheme first divides the original image into multiple blocks and then determines the embedding order according to the block features. The target data is embedded using the histogram-based reversible data hiding technique. Subsequently, the block scrambling image encryption is implemented with the same block size as the embedding process. The main feature of this method is that the embedded data can be directly extracted from the encrypted image without decryption. Thus, the proposed method can be applied to image retrieval in the encrypted domain. Further, this method can embed the target data after encryption and extract the data after decryption. Additionally, the encrypted image obtained by our method shows a high performance in both confidentiality and lossless compression efficiency.
キーワード (和) 可逆情報埋込み / ブロックスクランブル暗号化 / 画像ヒストグラム / 画像検索 / / / /  
(英) reversible data hiding / block-permutation-based image encryption / image histogram / image retrieval / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 335, SIS2019-28, pp. 29-34, 2019年12月.
資料番号 SIS2019-28 
発行日 2019-12-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2019-28

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2019-12-12 - 2019-12-13 
開催地(和) 岡山理科大学 
開催地(英) Okayama University of Science 
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英) Smart Personal Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2019-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 埋込み領域選択可能な暗号化画像のための可逆情報埋込み法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Reversible Data Hiding Method for Both Plain and Encrypted Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可逆情報埋込み / reversible data hiding  
キーワード(2)(和/英) ブロックスクランブル暗号化 / block-permutation-based image encryption  
キーワード(3)(和/英) 画像ヒストグラム / image histogram  
キーワード(4)(和/英) 画像検索 / image retrieval  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井澤 佑介 / Yusuke Izawa / イザワ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平澤 凌一 / Ryoichi Hirasawa / ヒラサワ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今泉 祥子 / Shoko Imaizumi / イマイズミ ショウコ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: TMU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-12 15:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2019-28 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.335 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2019-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会