お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-11 15:00
定在波熱音響システムにおける外部重畳音波によるスタック両端温度の変化と熱交換の促進
倉田侑弥同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・平松康斗渡辺好章同志社大US2019-67
抄録 (和) 自励振動状態の定在波熱音響システムにおいて,その励起音波に同周波数の音波を外部から重畳することによりスタックの仕事流生成量が増加する.また,その際PM両端の温度差が低下することが確認されており,これは熱から音波への変換が促進され,スタックに蓄えられていた熱エネルギーが音波へと変換されたことで生じると予想された.そこで本報告では,PM両端温度の変化と仕事流生成量の増幅の関係を議論するためにPMのエントロピー生成量に着目して検討を行った.また,エネルギー変換の指標としてωτに着目し評価を行った.その結果,重畳音波によりエネルギー変換過程において定在波成分を効果的に利用可能となり,流体粒子と流路壁の熱交換が活性化されることが確認できた. 
(英) In a standing-wave thermoacoustic system in a self-excited oscillation state, the work flow generation amount of the stack is increased by superimposing the same frequency external sound wave on the sound wave in the system. At that time, it was confirmed that the temperature difference between both ends of the PM decreased. This is caused by the conversion from heat to sound waves being promoted and the heat energy stored in the stack being converted into sound waves. In this report, entropy generation in PM is focused on in order to discuss the relationship between the change in temperature at both ends of PM and the amplification of work flow generation. The energy conversion is evaluated by using ωτ. As a result, it is confirmed that, in the energy conversion process, by the superimposed sound wave, the standing-wave component can be effectively used, and the heat exchange between the fluid particle and the channel wall is activated.
キーワード (和) 熱音響現象 / 熱音響冷却システム / 重畳音波 / エントロピー / / / /  
(英) Thermoacoustic phenomenon / Thermoacoustic cooling system / Superimposing sound wave / Entropy / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 332, US2019-67, pp. 15-18, 2019年12月.
資料番号 US2019-67 
発行日 2019-12-04 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-67

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2019-12-11 - 2019-12-11 
開催地(和) 日本大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 強力超音波、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2019-12-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 定在波熱音響システムにおける外部重畳音波によるスタック両端温度の変化と熱交換の促進 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Temperature change and enhancement of heat exchange in stack in standing-wave thermoacoustic system superimposed external sound wave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 熱音響現象 / Thermoacoustic phenomenon  
キーワード(2)(和/英) 熱音響冷却システム / Thermoacoustic cooling system  
キーワード(3)(和/英) 重畳音波 / Superimposing sound wave  
キーワード(4)(和/英) エントロピー / Entropy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉田 侑弥 / Yuya Kurata / クラタ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 眞一 / Shin-ichi Sakamoto /
第2著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
The University of Shiga Prefecture (略称: Univ. Shiga Pref.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 康斗 / Koto Hiramatsu / ヒラマツ コウト
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 好章 / Yoshiaki Watanabe / ワタナベ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-11 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-67 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.332 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2019-12-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会