お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-06 10:50
SNR推定を伴う電力検出閾値の設定に関する一検討
岩田大輝梅林健太東京農工大SR2019-102
抄録 (和) 電力検出は計算量や検出に必要な事前情報の観点からスペクトラムセンシングや周波数利用観測によく用
いられる検出法である.電力検出の性能は,検出閾値の設定に依存するためこれまでに様々な閾値設定基準が確立さ
れてきた.これらの基準はSNR (Signal-to-Noise Ratio, 信号対雑音電力比) や雑音電力などの無線環境に依存するた
め,時間とともに動的に変化する無線環境下においては,その変化に追従しながら閾値を設定する必要がある.本稿
では,新たなSNR 推定法を提案し,SNR 情報が必要な閾値設定基準に対応可能なアルゴリズムを提案する.計算機
シミュレーションにより,提案アルゴリズムが広範囲のSNR に渡って閾値設定基準を満たす閾値の設定が可能である
ことを示す. 
(英) Energy detection (ED) is a popular signal detection method for spectrum sensing and spectrum usage
measurement in dynamic spectrum sharing from the point of view of its computational complexity and required a
priori information in terms of the signal of interest. There exist several detection threshold setting criteria since the
detection performance of ED depends on the threshold. The threshold must be set adaptively under a dynamically
changing radio environment as the threshold setting criteria depend on the radio environment such as signal to noise
ratio (SNR) and noise power. In this paper, we propose an SNR estimation algorithm whereby satisfying a given
threshold setting criterion needed SNR information. Extensive numerical evaluations show that the proposed SNR
estimation-based detection threshold setting can provide outstanding detection performance compared with existing
SNR estimation-based detection threshold settings.
キーワード (和) 電力検出 / SNR推定 / スペクトラムセンシング / 周波数観測 / ダイナミックスペクトラムアクセス / / /  
(英) Energy Detection / SNR Estimation / Spectrum Sensing / Spectrum Measurement / Dynamic Spectrum Access / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 325, SR2019-102, pp. 75-82, 2019年12月.
資料番号 SR2019-102 
発行日 2019-11-28 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2019-102

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-12-05 - 2019-12-06 
開催地(和) 石垣市民会館(石垣島) 
開催地(英) Ishigaki City Hall (Ishigaki Island) 
テーマ(和) コグニティブ無線,機械学習応用,異種無線融合型ネットワーク,SDN,IoT,一般 
テーマ(英) cognitive radio, machine learning application, heterogeneous network, SDN, IoT etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-12-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SNR推定を伴う電力検出閾値の設定に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Setting of an Energy Detection Threshold with SNR Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力検出 / Energy Detection  
キーワード(2)(和/英) SNR推定 / SNR Estimation  
キーワード(3)(和/英) スペクトラムセンシング / Spectrum Sensing  
キーワード(4)(和/英) 周波数観測 / Spectrum Measurement  
キーワード(5)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / Dynamic Spectrum Access  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 大輝 / Hiroki Iwata / イワタ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-06 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2019-102 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.75-82 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2019-11-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会