電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-12-05 17:45
[特別招待講演]ディジタル信号処理からみたOFDM ~ アップサンプリングが必要なケースについて ~
上田裕巳東京工科大CS2019-80 IE2019-60
抄録 (和) 本論文は,標本化周波数の整数倍で周波数成分が繰り返されるディジタル信号処理の観点から,OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)に関わる2つの場合について述べる.ひとつは,OFDM送信側において,IDFT (Inverse Discreet Fourier Transform)出力の実部と虚部を変調信号とする直交変調をDSP (Digital Signal Processing)で実現する場合である.この場合, 2倍または4倍以上のアップサンプリングが必要であることを示す.その実現法を3つ述べる.もうひとつは,IDFT出力の実部と虚部を変調信号として直交変調しないで,実部だけを送信して,受信部で元の情報を再現する場合,周期関数に対する標本化定理に基づいて,送信側で2倍以上のアップサンプリングが必要であることを示す. この実現法は,上の場合の3つの方法のうち,1つに限られることを述べる. 
(英) This paper presents two cases that upsampling is required for implementing Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) from the digital signal processing (DSP) point of view. We first show that 2 times upsampling, or 4 or more times upsampling is required when the quadrature modulation for OFDM is realized by DSP. Three methods for implementing the upsampling are also provided. We next show that 2 or more times upsampling is required at the transmit side when the original digital data are restored at the receive side from the real part only of the Inverse Discreet Fourier Transform (IDFT) output. This is clarified based on the sampling theorem for periodic functions. We also describe one method only of the three ones above can be applied to this case.
キーワード (和) OFDM / アップサンプリング / DSP / 直交変調 / 周期関数に対する標本化定理 / / /  
(英) OFDM / upsampling / DSP / quadrature modulation / sampling theorem for periodic functions / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 323, CS2019-80, pp. 75-82, 2019年12月.
資料番号 CS2019-80 
発行日 2019-11-28 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2019-80 IE2019-60

研究会情報
研究会 IE CS IPSJ-AVM ITE-BCT  
開催期間 2019-12-05 - 2019-12-06 
開催地(和) アイーナ いわて県民情報交流センター 
開催地(英) Aiina Center 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-12-IE-CS-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタル信号処理からみたOFDM 
サブタイトル(和) アップサンプリングが必要なケースについて 
タイトル(英) OFDM from the Digital Signal Processing Point of View 
サブタイトル(英) Upsampling Required Cases 
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) アップサンプリング / upsampling  
キーワード(3)(和/英) DSP / DSP  
キーワード(4)(和/英) 直交変調 / quadrature modulation  
キーワード(5)(和/英) 周期関数に対する標本化定理 / sampling theorem for periodic functions  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 裕巳 / Hiromi Ueda / ウエダ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-12-05 17:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2019-80,IEICE-IE2019-60 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.323(CS), no.324(IE) 
ページ範囲 pp.75-82 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-CS-2019-11-28,IEICE-IE-2019-11-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会