電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-29 10:00
偏波SARトモグラフィ画像の森林バイオマスに対する強度変化の実験的検討
山﨑 遼山田寛喜新潟大)・渡邉卓磨富士通)・佐藤亮一山口芳雄新潟大SANE2019-76
抄録 (和) 地球環境において森林は炭素や水分の循環などの様々な役割を担っている.そのため,地球環境変動のモニタリングにおいて広範囲にわたる森林の被覆面積や樹木の分布密度,すなわち森林バイオマスの把握が重要となる.この目的に対し,合成開口レーダ(Synthetic Aperture Radar : SAR)は昼夜天候を問わず,広範囲にわたる地表面の高分解能な画像が取得可能なため,有力な観測技術である.特に,同一の領域を複数の軌道から観測することで三次元の後方散乱分布が推定可能であるSARトモグラフィ(SAR Tomography, TomoSAR)を用いることで,可能な限り森林バイオマスに関する植生の散乱のみを分離抽出できることが期待される.本稿では,森林バイオマスに深く関係する幹の分布密度に対するSAR画像の強度変化について検討するため,電波暗室内で森林の縮小モデルを用いた実験を実施し,その解析結果について報告する.本実験の結果,SARトモグラフィを用いることで幹の分布密度に対するSARの画像の感度を向上できることを示し,バイオマス推定への応用が期待できることを示す. 
(英) Forest biomass is an important parameter to understand the global climate change because the forests play various roles in the earth environment such as the carbon and water cycle. Therefore, we need to continuously and rapidly monitor the forest biomass to understand the climate change. For this purpose, synthetic aperture radar (SAR) is expected to be a powerful tool because of the ability to produce a high-resolution image of an area of interest in all-weather and day-and-night conditions. In this report, we discuss the effects of forest biomass on SAR imagery for the aim of the forest biomass estimation from the SAR image intensity. We propose an application of the tomographic SAR (TomoSAR) technique to isolate the backscattering from the trunk of a tree that is the major contributor of the forest biomass. We carried out a laboratory SAR experiment in an anechoic chamber, where the simplified forest model is employed to emulate a forested area. We show the validity of the TomoSAR to improve the sensitivity of the SAR image intensity with respect to the forest biomass variation.
キーワード (和) 森林バイオマス / 合成開口レーダ(SAR) / SARトモグラフィ / 偏波 / ポーラリメトリ / / /  
(英) Forest Biomass / Synthetic Aperture Radar (SAR) / SAR Tomography (TomoSAR) / Polarimetry / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 316, SANE2019-76, pp. 35-40, 2019年11月.
資料番号 SANE2019-76 
発行日 2019-11-21 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2019-76

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2019-11-28 - 2019-11-29 
開催地(和) 大阪工業大学梅田キャンパス 
開催地(英) OIT UMEDA Campus 
テーマ(和) レーダ信号処理,リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Radar, Remote Sensing and general issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-11-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波SARトモグラフィ画像の森林バイオマスに対する強度変化の実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation on Polarimetric TomoSAR Image Intensity with Respect to Forest Biomass 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 森林バイオマス / Forest Biomass  
キーワード(2)(和/英) 合成開口レーダ(SAR) / Synthetic Aperture Radar (SAR)  
キーワード(3)(和/英) SARトモグラフィ / SAR Tomography (TomoSAR)  
キーワード(4)(和/英) 偏波 / Polarimetry  
キーワード(5)(和/英) ポーラリメトリ /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 遼 / Ryo Yamazaki / ヤマザキ リョウ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 卓磨 / Takuma Watanabe / ワタナベ タクマ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮一 / Ryoichi Sato / サトウ リョウイチ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-29 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-76 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.316 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2019-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会