お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-28 16:15
TDOAを用いた航空機位置検証法の実験的評価
長縄潤一宮崎裕己電子航法研SANE2019-75
抄録 (和) 新しい航空機監視システムであるADS-B (Automatic Dependent Surveillance - Broadcast) は,航空機が自らの位置情報を地上局や他の航空機に対して定期的に放送する仕組みである.
ADS-Bは従来のレーダなどと比較して,より高精度な位置情報を提供できるが,成りすましや機上装置故障による不正な位置情報への対処が課題である.
これに対して,信号の到達時刻差(TDOA: Time Difference of Arrival)に基づく位置検証が有効だと言われているが,実際の導入に向けては理論的な裏付けやシステム設計法の確立が求められる.
そのため,筆者らは検出率や誤検出率といった位置検証性能について,理論的なモデルの構築を進めてきた.
本稿では,これまでに導出したモデルを実験的に評価した結果を報告する.
実験では,在空機信号と生成した不正信号に対して位置検証法を適用し,しきい値を変化させながら検出率を評価した.
その結果,モデルによる理論値と実験による測定値が良好に一致することを確認した.
したがって,提案モデルはTDOA法の理論的裏付けやシステム設計時の検出率概算に用いることができるとの見通しを得た. 
(英) ADS-B (Automatic Dependent Surveillance - Broadcast) is one of the next generation aeronautical surveillance systems.
An aircraft periodically broadcasts its own GPS positions to ground facilities and other aircraft, thereby providing accurate aircraft position.
However, ADS-B is susceptible to false aircraft information injected by malicious users or generated by avionics failures.
It is said that a promising countermeasure for this security problem is position verification using TDOA (Time Difference Of Arrival), but theoretical evidence or system design method should be established.
Therefore, the authors have been investigating a theoretical model of position verification performance such as probability of detection and probability of false alarm.
In this technical report, experimental evaluation is reported to verify the model previously derived.
Probability of detection under various thresholds was evaluated by applying the TDOA-based position verification to the signals of targets of opportunity and generated false signals.
As a result, the proposed model and the experiment show a good agreement.
This is a promising result to establish theoretical evidence which supports the TDOA-based method and estimation of probability of detection, which is needed for system design, by the proposed model.
キーワード (和) 航空機監視システム / 放送型自動従属監視 / モードS / 位置検証 / 信号到達時刻差 / / /  
(英) Aeronautical surveillance systems / Automatic Dependent Surveillance - Broadcast / Mode S / Position Verification / Time Difference of Arrival / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 316, SANE2019-75, pp. 29-34, 2019年11月.
資料番号 SANE2019-75 
発行日 2019-11-21 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2019-75

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2019-11-28 - 2019-11-29 
開催地(和) 大阪工業大学梅田キャンパス 
開催地(英) OIT UMEDA Campus 
テーマ(和) レーダ信号処理,リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Radar, Remote Sensing and general issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-11-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TDOAを用いた航空機位置検証法の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Aircraft Position Verification Method using TDOA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 航空機監視システム / Aeronautical surveillance systems  
キーワード(2)(和/英) 放送型自動従属監視 / Automatic Dependent Surveillance - Broadcast  
キーワード(3)(和/英) モードS / Mode S  
キーワード(4)(和/英) 位置検証 / Position Verification  
キーワード(5)(和/英) 信号到達時刻差 / Time Difference of Arrival  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長縄 潤一 / Junichi Naganawa / ナガナワ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 裕己 / Hiromi Miyazaki / ミヤザキ ヒロミ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-28 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-75 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.316 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2019-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会