お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-27 13:55
[ポスター講演]移動車両をアクセスポイントとする高速無線LAN通信
小林聖弥村瀬 勉名大
抄録 (和) 本稿では、走行する自動車を高速無線LANのアクセスポイント(AP)として用いて、道路にいるスマホユーザなどの端末が、連続で通過する自動車と次々に通信することで、継続した通信を可能とする無線LAN通信方式を提案する。IEEE 802.11adといった高速無線LANを用いることで自動車とすれ違うような短時間においても適度に高速な通信が可能であると思われる。IEEE 802.11adの電波特性と、移動による通信品質の変化を考慮し、通信性能に影響を与える3つのパラメータ(自動車と歩行者との距離、自動車の速度、自動車の通過頻度)に着目し、スループットと通信断時間を評価尺度として評価した結果、現状のLTE通信での経験値と同程度以上の通信が望めそうであることがわかった。例えば、距離が4m, 速度が40km/h, 頻度が10台/10sの時に、LTEと比べて6.7倍の充分高いスループットが得られ、通信断時間は、0.14秒という値が得られた。 
(英) In this paper, we propose a method to enable smartphone users to communicate to high speed wireless LAN APs which is equipped with vehicles continuously passing through the users. By using a high-speed wireless LAN, high throughput communication can be possible even in a short time such as passing a car. However, it is necessary to investigate whether desired communication quality can be achieved in mobile communication even with millimeter radio waves such as IEEE 802.11ad. We focus on three parameters (distance between vehicles and users, speed of vehicles, the number of passing vehicles) affecting communication quality in the proposed method. Throughput and Communication Break Time were employed as quality criteria, then were quantitatively evaluated by computer simulation to reveal the effectiveness of the proposed method. As a result, when the distance was 4 meters, the speed of vehicles was 40 km/h, and the number of passing vehicles was 10 units/10 seconds, the throughput was 6.7 times higher than that of LTE and communication break time was about 0.14 seconds.
キーワード (和) IEEE 802.11ad / ミリ波通信 / V2P / / / / /  
(英) IEEE 802.11ad / mmWave communication / V2P / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RISING  
開催期間 2019-11-26 - 2019-11-27 
開催地(和) 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター 
開催地(英) Fukutake Learning Theater, Hongo Campus, Univ. Tokyo 
テーマ(和) 超知性通信ネットワークに関する研究,一般 
テーマ(英) Researches on Super-Intelligent Networking, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RISING 
会議コード 2019-11-RISING 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動車両をアクセスポイントとする高速無線LAN通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless LAN Communication with Running Vehicle Access Points 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11ad / IEEE 802.11ad  
キーワード(2)(和/英) ミリ波通信 / mmWave communication  
キーワード(3)(和/英) V2P / V2P  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 聖弥 / Shoya Kobayashi / コバヤシ ショウヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-27 13:55:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RISING 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会