電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-26 14:10
[ポスター講演]無線マルチホップネットワークにおける真正粘菌に基づく経路多様化手法
片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・嶋本 薫田中良明早大
抄録 (和) 無線マルチホップネットワークでは,通信の干渉,端末の電力枯渇など,様々な要因により中継に適した経路が変化する.そのため,それらの問題に対する手法が数多く提案されているが,従来手法は各々に対応する問題に特化しており,その他の問題については未考慮であることも多い.そこで,諸問題に包括的に対応するため,著者らは,複数の指標に基づき柔軟な経路構築が可能な真正粘菌の数理モデルであるフィザルムソルバを無線マルチホップネットワークに応用し,経路を多様化する手法を検討している.本発表では,提案手法の概要,様々な指標に基づく多様な経路構築の例,シミュレーションによる性能評価,及び今後の展望について述べる. 
(英) Wireless multi-hop networks have various routing issues for selecting an appropriate path due to the degradation of communication stability such as communication interferences and battery exhaustion. For the issues, although various existing studies have solved the individual issues, they generally separate the corresponding issues from other ones and consider it. To realize a comprehensive solution for the various routing issues in wireless multi-hop networks, we have been studying a routing method in order to be able to diversify paths adaptively by applying a physarum-inspired mathematical model called physarum solver. In this presentation, we introduce the overview of the proposed method, some examples of the path diversification, the performance of the proposed method, and future works.
キーワード (和) 無線マルチホップネットワーク / 生物模倣 / フィザルムソルバ / / / / /  
(英) Wireless multi-hop network / Biomimetics / Physarum solver / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RISING  
開催期間 2019-11-26 - 2019-11-27 
開催地(和) 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター 
開催地(英) Fukutake Learning Theater, Hongo Campus, Univ. Tokyo 
テーマ(和) 超知性通信ネットワークに関する研究,一般 
テーマ(英) Researches on Super-Intelligent Networking, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RISING 
会議コード 2019-11-RISING 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線マルチホップネットワークにおける真正粘菌に基づく経路多様化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physarum-based Path Diversification for Wireless Multi-hop Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線マルチホップネットワーク / Wireless multi-hop network  
キーワード(2)(和/英) 生物模倣 / Biomimetics  
キーワード(3)(和/英) フィザルムソルバ / Physarum solver  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片田 寛志 / Hiroshi Katada / カタダ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 早大 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋本 薫 / Shigeru Shimamoto / シマモト シゲル
第4著者 所属(和/英) 早大 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第5著者 所属(和/英) 早大 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-26 14:10:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RISING 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会