お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-26 10:30
[ポスター講演][MIKA/RISING共同企画] 0.9/2.4/5.1GHz帯実測データに基づく六面体アンテナを用いた伝搬損失の範囲の検討
五十嵐悠貴西森健太郎新潟大)・島崎安徳パナソニック)・谷口諒太郎新潟大)・濱邉太一竜田明浩江村鉄兵浅田拓也パナソニック
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)に向けた開発が進められている.5G導入後は4Gまでの端末が多数存在するが,管理下の無線ノードの干渉量を制御し,ネットワーク全体の通信量を最大化するコンセプトが提案されている.このような多数のIoT端末が存在する環境での基礎検討として,端末側の伝搬特性を把握するための検討を進めている.本稿ではIoT端末を想定して,全方向からの電波を取得可能な六面体アンテナを用いて実験を行った.そして,0.9/2.4/5.1GHz帯における伝搬損失特性を評価した結果について述べる.解析の結果,六面体アンテナの面の違いにより,送受信距離に対する伝搬損失係数が2~4の間となることを明らかにする.また,周波数の違いにより,伝搬損失の傾向が異なることを示す. 
(英) Development towards the 5-th generation mobile communication system (5G) has been proceeding. There are many terminal stations up to 4G after introducing 5G. However, the concept of controlling the amount of interference of the managed wireless nodes and maximizing the frequency utilization for the entire network has been proposed. As a fundamental study in such an environment where many IoT terminal stations exist, we are studying to grasp the propagation loss characteristics of the terminal station side. In this paper, we conducted experiment using hexahedral antennas which can receive waves from all directions when considering IoT terminal stations. We describe the results of evaluating propagation characteristics in 0.9/2.4/5.1 GHz. It is shown that the propagation loss coefficient with respect to the transmission distance is between 2 and 4 by the difference of the surface on hexahedral antennas. Moreover, we verify that the tendency of the propagation loss in terms of frequency difference.
キーワード (和) 六面体アンテナ / 伝搬損失 / / / / / /  
(英) hexahedral antennas / propagation loss / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RISING  
開催期間 2019-11-26 - 2019-11-27 
開催地(和) 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター 
開催地(英) Fukutake Learning Theater, Hongo Campus, Univ. Tokyo 
テーマ(和) 超知性通信ネットワークに関する研究,一般 
テーマ(英) Researches on Super-Intelligent Networking, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RISING 
会議コード 2019-11-RISING 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [MIKA/RISING共同企画] 0.9/2.4/5.1GHz帯実測データに基づく六面体アンテナを用いた伝搬損失の範囲の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) [MIKA/RISING Collaboration] A study on range of propagation loss by hexahedral antennas based on 0.9/2.4/5.1 GHz band measured data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 六面体アンテナ / hexahedral antennas  
キーワード(2)(和/英) 伝搬損失 / propagation loss  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 悠貴 / Yuki Igarashi / イガラシ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島崎 安徳 / Yasunori Shimazaki / シマザキ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 諒太郎 / Ryotaro Taniguchi / タニグチ リョウタロウ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱邉 太一 / Taichi Hamabe / ハマベ タイチ
第5著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 竜田 明浩 / Akihiro Tatsuta / タツタ アキヒロ
第6著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 江村 鉄兵 / Teppei Emura / エムラ テッペイ
第7著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅田 拓也 / Takuya Asada / アサダ タクヤ
第8著者 所属(和/英) パナソニック (略称: パナソニック)
Panasonic (略称: Panasonic)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-26 10:30:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RISING 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会