お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 15:30
[ポスター講演]水平面上の頭部伝達関数および両耳聴手がかりの音源距離依存性
寺島眞生森川大輔モクタリ パーハム平原達也富山県立大EA2019-57 EMM2019-85
抄録 (和) 相反法によって,音源距離を0.13 mから1.13 mまで0.2 m間隔,水平角を全周15°間隔とした,計144点における頭部伝達関数 (HRTF: Head-Related Transfer Function) を計測した.音源距離が短いほど,HRTFの利得は,音源と受音点が同側の場合は大きく,対側の場合は小さくなった.また,音源距離が短いほど,両耳間レベル差 (ILD: Interaural Level Difference) と両耳間時間差 (ITD: Interaural Time Difference) は増加した.そして,基準受音点を頭部中心とした場合と外耳道入口とした場合で,HRTFの利得とILDに差が生じたが,音源から両受音点までの距離差による距離減衰量を補償することにより,その差を補正することができた. 
(英) Using the reciprocal method, we measured head-related transfer functions (HRTFs) at 144 locations on the horizontal plane, with sound source distances ranging from 0.13 m to 1.13 m at intervals of 0.2 m and horizontal angles at intervals of 15 degrees. As the sound source distance decreased, the HRTF gain increased when the sound source and the receiving point were on the same side (ipsilateral), and decreased when they were on the opposite side (contralateral). As the sound source distance decreased, the interaural level difference (ILD) and interaural time difference (ITD) increased. There was a difference in both HRTF gain and ILD when the reference sound receiving point was at the center of the head instead of the ear canal entrance, but this could be corrected by attenuation according to the difference in source-to-receiver distance between the two conditions.
キーワード (和) 頭部伝達関数 / 両耳聴手がかり / 音源距離依存性 / 相反法 / / / /  
(英) Head-related transfer function / Binaural cues / Sound source distance / Reciprocal method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 306, EA2019-57, pp. 23-30, 2019年11月.
資料番号 EA2019-57 
発行日 2019-11-15 (EA, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-57 EMM2019-85

研究会情報
研究会 EA EMM  
開催期間 2019-11-22 - 2019-11-23 
開催地(和) 金沢工業大学 扇が丘キャンパス(野々市市) 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) <ビギナーズセッション>応用/電気音響,コンテンツ処理,情報ハイディング,音楽音響,一般 
テーマ(英) [Beginners Session] Engineering/Electro Acoustics, Content Processing, Digital Watermarking, Musical Acoustic, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-11-EA-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水平面上の頭部伝達関数および両耳聴手がかりの音源距離依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound source distance dependence of head-related transfer functions and binaural cues on the horizontal plane 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 頭部伝達関数 / Head-related transfer function  
キーワード(2)(和/英) 両耳聴手がかり / Binaural cues  
キーワード(3)(和/英) 音源距離依存性 / Sound source distance  
キーワード(4)(和/英) 相反法 / Reciprocal method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺島 眞生 / Mao Terashima / テラシマ マオ
第1著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富山県立大)
Toyama Prefectural University (略称: Toyama Pref Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 大輔 / Daisuke Morikawa / モリカワ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富山県立大)
Toyama Prefectural University (略称: Toyama Pref Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) モクタリ パーハム / Parham Mokhtari / モクタリ パーハム
第3著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富山県立大)
Toyama Prefectural University (略称: Toyama Pref Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平原 達也 / Tatsuya Hirahara / ヒラハラ タツヤ
第4著者 所属(和/英) 富山県立大学 (略称: 富山県立大)
Toyama Prefectural University (略称: Toyama Pref Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-22 15:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2019-57,IEICE-EMM2019-85 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.306(EA), no.307(EMM) 
ページ範囲 pp.23-30 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-EA-2019-11-15,IEICE-EMM-2019-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会