お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 16:10
レイトレーシングを用いた水中音響通信用MIMOチャネルシミュレータ
塚本圭哉久保博嗣立命館大AP2019-141 RCS2019-236
抄録 (和) 本報告では,水中音響通信(UWAC)のためのMIMO(multiple-input multiple-output)チャネルシミュテータを提案する.提案するチャネルシミュレータは,キャリア周波数帯サンプリングとレイトレーシングにより,MIMO UWAC固有の課題である,時間選択性と周波数選択性が同時に発生する厳しい2重選択性MIMO環境と大きな比帯域に対応可能である.まず,本報告では,2重選択性SISO(single-input single-output)チャネルシミュレータの原理,及び,その離散時間系での実現手法について論じる.次に,SISO伝送路をMIMO伝送路に拡張することで,UWACにおけるMIMO伝送の性能ベンチマークが可能なチャネルシミュレータを実現する.最後に,計算機シミュレーション結果から,提案するMIMOチャネルシミュレータにより,UWACのMIMO実験環境を模擬できることを明らかにする. 
(英) This paper proposes a MIMO (multiple-input multiple-output) channel simulator for underwater acoustic communications (UWAC). The pro-posed channel simulator can simulate severe doubly-selective environment and large signal frequency band-width to center carrier frequency ratio in UWAC environment thanks to carrier frequency band sampling and ray toracing, where doubly-selective environment corresponds to time and frequency selective channel environment. First, this paper proposes a principle of the doubly-selective channel simulator for UWAC and its applications in discrete-time channel models. Next, as this paper extends SISO (single-input single-output) channels to MIMO channels, the proposedMIMO channel simulator can perform bench-mark comparison of MIMO transmission technologies. Finally, computer simulation results confirm that the proposed MIMO channel simulator using the bench-mark channel model can simulate actual experimental environment of MIMO UWAC
キーワード (和) 水中音響通信 / 2重選択性伝送路 / チャネルシミュレータ / キャリア周波数帯サンプリング / レイトレーシング / チャネルモデル / /  
(英) Underwater Acoustic Communications / Doubly-Selective Channels / Channel Simulator / Carrier Frequency Band Sampling / Ray Tracing / Channel Models / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 296, RCS2019-236, pp. 187-192, 2019年11月.
資料番号 RCS2019-236 
発行日 2019-11-13 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-141 RCS2019-236

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2019-11-20 - 2019-11-22 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レイトレーシングを用いた水中音響通信用MIMOチャネルシミュレータ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A MIMO Channel Simulator Employing Ray Tracing Methods for Underwater Acoustic Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水中音響通信 / Underwater Acoustic Communications  
キーワード(2)(和/英) 2重選択性伝送路 / Doubly-Selective Channels  
キーワード(3)(和/英) チャネルシミュレータ / Channel Simulator  
キーワード(4)(和/英) キャリア周波数帯サンプリング / Carrier Frequency Band Sampling  
キーワード(5)(和/英) レイトレーシング / Ray Tracing  
キーワード(6)(和/英) チャネルモデル / Channel Models  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 圭哉 / Yoshiki Tsukamoto / ツカモト ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-22 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2019-141,IEICE-RCS2019-236 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.295(AP), no.296(RCS) 
ページ範囲 pp.193-198(AP), pp.187-192(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-11-13,IEICE-RCS-2019-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会