電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 09:30
ガードバンドレスナイキストOTDM-WDMにおける非線形信号劣化の波長分散依存性
小野功揮三好悠司久保田寛和阪府大OFT2019-39
抄録 (和) 近年のインターネットトラフィックの増大に伴った、大容量伝送が求められている。そこで我々は、高 周波数利用効率および大容量の伝送の実現を目指した、ナイキスト OTDM-WDM 伝送方式について検討している。 しかし、WDM 伝送においては、非線形光学効果による信号劣化が顕著となり、波長分散によってその影響が変化 する。 本研究では、非線形光学効果によって生じる信号品質劣化の、各 N-OTDM のボーレート、周波数間隔および、波 長分散依存性について検討を行う。そして、高い周波数利用効率と非線形光学効果による信号品質劣化の抑制を両 立するためのボーレートと波長多重数、周波数間隔および波長分散値の組み合わせを明らかにする。 
(英) With the recent increase in Internet traffic, large-capacity transmission is required. Therefore, we are studying the Nyquist OTDM-WDM transmission system aiming at high frequency utilization efficiency and large capacity transmission. However, in WDM transmission, signal degradation due to the nonlinear optical effect becomes significant, and its influence changes due to chromatic dispersion. In this study, we investigate the baud rate, frequency interval, and chromatic dispersion dependence of each N-OTDM for signal quality degradation caused by nonlinear optical effects. Then, the combination of the baud rate, the number of wavelength multiplexing, the frequency interval, and the chromatic dispersion value for achieving both high frequency utilization efficiency and suppression of signal quality degradation due to the nonlinear optical effect will be clarified.
キーワード (和) ナイキストOTDM / WDM / カー効果 / / / / /  
(英) NyquistOTDM / WDM / Kerr effects / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 301, OFT2019-39, pp. 19-22, 2019年11月.
資料番号 OFT2019-39 
発行日 2019-11-15 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2019-39

研究会情報
研究会 OCS ITE-BCT OFT IEE-CMN  
開催期間 2019-11-21 - 2019-11-22 
開催地(和) 海峡メッセ下関 
開催地(英) Kaikyo-Messe-Shimonoseki 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2019-11-OCS-BCT-OFT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ガードバンドレスナイキストOTDM-WDMにおける非線形信号劣化の波長分散依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Chromatic dispersion dependence of nonlinear signal degradation in guard bandless Nyquist OTDM-WDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ナイキストOTDM / NyquistOTDM  
キーワード(2)(和/英) WDM / WDM  
キーワード(3)(和/英) カー効果 / Kerr effects  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 功揮 / Koki Ono / オノ コウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 悠司 / Yuji Miyoshi / ミヨシ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 寛和 / Hirokazu Kubota / クボタ ヒロカズ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-22 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2019-39 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2019-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会