お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 09:50
時間領域シンボル拡散ブラインドアダプティブアレーの主成分分析による特性改善
丸田一輝千葉大)・西森健太郎新潟大)・安 昌俊千葉大RCS2019-226
抄録 (和) アンテナ入力段における信号対干渉電力比(SIR)に依らずブラインド型アダプティブアレー(BAA)による干渉抑圧の動作領域を拡張する手法として,これまでに時間領域シンボル拡散(TSS)の適用を提案した.送信機では所定の拡散行列を用いて時間領域拡散し,受信機においては希望信号と同一の拡散行列を用いて逆拡散する.この拡散処理は干渉信号の尖度の低減及び定包絡線性の喪失という効果をもたらす.これまでに到来波数2,受信アンテナ数2の場合における基本的な有効性を確認している.しかし,受信アンテナ数や送信信号数が多数存在する場合には出力SINRの特性が劣化し,特に入力SIRが十分大きい場合に顕著となる.本稿では,これを改善するために主成分分析(PCA)により観測信号数を削減することで上記の劣化を抑える手法を検討する. 
(英) We previously proposed a time-domain symbol spreading (TSS) which can expand the operational region of the blind adaptive array (BAA) interference suppression irrespective to the array input signal-to-interference power ratio (SIR). Independent component analysis (ICA) and constant modulus algorithm (CMA) are interest of BAA algorithms which show superior interference suppression performance. TSS is applied to the transmission signal for the desired user and then de-spreads the received signal. It results in gaussianizing the interference signal and can bring beneficial effects reducing the kurtosis as well as to collapse the constancy. Such intentional modification to the interference signals can improve the capture performance of the desired signal and realizes effective interference suppression even when SIR $<$ 0 dB. However, interference suppression characteristics of BAA with TSS is limited when the numbers of signal sources and reception antenna elements are large. This paper presents its detailed characteristics and improves the array output SINR by introducing principal component analysis (PCA) which degenerates the number of effective array inputs.
キーワード (和) アダプティブアレー / 干渉抑圧 / ブラインド / 独立成分分析 / 定包絡線アルゴリズム / 時間領域シンボル拡散 / 主成分分析 /  
(英) Adaptive array / Interference suppression / Blind / Independent component analysis / Constant modulus algorithm / Time-domain symbol spreading / Principal component analysis /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 296, RCS2019-226, pp. 129-134, 2019年11月.
資料番号 RCS2019-226 
発行日 2019-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-226

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2019-11-20 - 2019-11-22 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間領域シンボル拡散ブラインドアダプティブアレーの主成分分析による特性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving Time-domain Symbol Spread Blind Adaptive Array Interference Suppression by Principal Component Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アダプティブアレー / Adaptive array  
キーワード(2)(和/英) 干渉抑圧 / Interference suppression  
キーワード(3)(和/英) ブラインド / Blind  
キーワード(4)(和/英) 独立成分分析 / Independent component analysis  
キーワード(5)(和/英) 定包絡線アルゴリズム / Constant modulus algorithm  
キーワード(6)(和/英) 時間領域シンボル拡散 / Time-domain symbol spreading  
キーワード(7)(和/英) 主成分分析 / Principal component analysis  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-22 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-226 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会