電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 10:50
遠隔ロボティクス機器制御に向けた間欠通信への品質尺度について
小池 新東京家政大)・末田欣子明星大CQ2019-99
抄録 (和) ロボティクスデバイスを遠隔から制御する際に,多くの場合ネットワークについては常時接続性が仮定されている.また近年のRobot Operating System(ROS)に基づくロボティクスデバイスの各機能間はPublish/Subscribe(Pub/Sub)による通信により疎結合している.そこでこの機能の一部を仮想化してクラウド上に配置し制御を遠隔から行う方法が考えられる.しかしながらロボティクスデバイス制御の安定性という観点では,通信のカバレッジ外になったという明らかな通信の途絶を伴う環境の場合以外にも,ハンドオーバーを要因とする新たに通信の間欠性問題を起こす状況があることを指摘した.そしてネットワークの間欠性を評価するための新たな品質尺度の提案を行った. 
(英) We usually assumes always-on connectivity for remotely controlling robotics devices. Out of coverage is an apparent problem for keeping connectivity to stably controlling robotics devices. Robot Operating System (ROS) is a recent standard for creating robotics devices. ROS interconnects functions of a robotics device using a Publish/Subscribe(Pub/Sub )type communication. This leads us to put parts of its functions on a cloud by virtualizing them to make it possible to control the robotics device remotely. In this paper, however, we add a new intermittency problem for connectivity due to handover process. We then propose a new Quality of Service metrics to evaluate such intermittency of networks.
キーワード (和) ロボティクスデバイス / 間欠通信 / ハンドオーバー / 品質 / / / /  
(英) Robotics Devices / Intermittent Communication / handover, / quality of service / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 298, CQ2019-99, pp. 59-64, 2019年11月.
資料番号 CQ2019-99 
発行日 2019-11-14 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-99

研究会情報
研究会 NS ICM CQ NV  
開催期間 2019-11-21 - 2019-11-22 
開催地(和) 神戸大学 六甲台第2キャンパス 
開催地(英) Rokkodai 2nd Campus, Kobe Univ. 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,ブロックチェーン,セキュリティ,ネットワークインテリジェンス・AI,一般
注:NV研究会は発表申込み締切日が異なります。NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Network quality, Network measurement/management, Network virtualization, Network service, Blockchain, Security, Network intelligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-11-NS-ICM-CQ-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遠隔ロボティクス機器制御に向けた間欠通信への品質尺度について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quality of Service Metrics for Intermittent Communication to Support Remotely Controlled Robotics Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ロボティクスデバイス / Robotics Devices  
キーワード(2)(和/英) 間欠通信 / Intermittent Communication  
キーワード(3)(和/英) ハンドオーバー / handover,  
キーワード(4)(和/英) 品質 / quality of service  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 新 / Arata Koike / コイケ アラタ
第1著者 所属(和/英) 東京家政大学 (略称: 東京家政大)
Tokyo Kasei University (略称: Tokyo Kasei)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末田 欣子 / Yoshiko Sueda / スエダ ヨシコ
第2著者 所属(和/英) 明星大学 (略称: 明星大)
Meisei University (略称: Meisei)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-22 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-99 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会