お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 15:45
[依頼講演]水中音響通信用無線伝送方式とその音響実験水槽と海洋浅瀬環境における性能比較
久保博嗣塚本圭哉吉井綸太朗高橋拓也佐野隆貴立命館大AP2019-140 RCS2019-235
抄録 (和) 本報告では,水中音響通信 (UWAC) 用無線伝送方式の特徴比較とそれらの実験による性能評価結果について論じている.ここで,UWAC用無線伝送方式に関しては,多重遅延検波 (MDD) を用いた多重シングルキャリア (MSC) 伝送方式と,周波数領域等化 (FDE) を用いたシングルキャリアブロック伝送 (SCBT) 方式を評価している.2重選択性を有する実験環境に関しては,一例として,音響実験水槽での厳しい時間選択性に対する評価,海洋浅瀬環境での厳しい周波数選択性に対する評価を実施している.音響実験水槽における実験結果から,伝送路予測形MDDを用いたMSC伝送方式が,厳しい時間選択性に対する高い追随性を有していることを確認している.次に,海洋浅瀬環境における長距離実験結果から,伝送路補間形FDEを用いたSCBT方式が,厳しい周波数選択性に対する高い耐性を有していることを確認している. 
(英) This paper discusses feature's comparison and experimental evaluation results of wireless transmission technologies for underwater acoustic communications (UWAC), where the wireless transmission technologies are a multiple single carrier (MSC) modulation scheme employing multiple differential detection (MDD) and a single carrier block transmission (SCBT) scheme employing frequency domain equalization (FDE). This paper performs experiments in severe doubly-selective environments, e.g., acoustic experimental pool for severe time selective environment and shallow-sea environment for severe frequency selective environment. Experimental results in acoustic experimental pool confirm that the MSC modulation scheme employing MDD with channel prediction has excellent tracking performance in severe time selective environment. Experimental results in shallow-sea environment confirm that the SCBT scheme employing FDE with channel interpolation has excellent performance in severe frequency selective environment.
キーワード (和) 水中音響通信 / 2重選択性伝搬路 / チャネルサウンダ / 無線伝送技術 / フィールド評価 / / /  
(英) Underwater Acoustic Communications / Doubly-Selective Channels / Channel Sounders / Wireless Transmission Technologies / Field Evaluation Results / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 296, RCS2019-235, pp. 181-186, 2019年11月.
資料番号 RCS2019-235 
発行日 2019-11-13 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-140 RCS2019-235

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2019-11-20 - 2019-11-22 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水中音響通信用無線伝送方式とその音響実験水槽と海洋浅瀬環境における性能比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless Transmission Technologies for Underwater Acoustic Communications and Thier Performance Comparison in Acoustic Experimental Pool and Shallow-Sea Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水中音響通信 / Underwater Acoustic Communications  
キーワード(2)(和/英) 2重選択性伝搬路 / Doubly-Selective Channels  
キーワード(3)(和/英) チャネルサウンダ / Channel Sounders  
キーワード(4)(和/英) 無線伝送技術 / Wireless Transmission Technologies  
キーワード(5)(和/英) フィールド評価 / Field Evaluation Results  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 圭哉 / Yoshiki Tsukamoto / ツカモト ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉井 綸太朗 / Rintaro Yoshii / ヨシイ リンタロウ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 拓也 / Takuya Takahashi / タカハシ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 隆貴 / Ryuki Sano / サノ リュウキ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-22 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2019-140,IEICE-RCS2019-235 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.295(AP), no.296(RCS) 
ページ範囲 pp.187-192(AP), pp.181-186(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-11-13,IEICE-RCS-2019-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会