電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-20 12:45
可変リアクタンス素子を用いた円偏波ビーム成形平面アレーアンテナに関する一検討
鈴木貴大木幡雄介斉藤作義木村雄一埼玉大AP2019-109
抄録 (和) 本稿ではマイクロストリップアンテナを素子とする円偏波ビーム成形平面アレーアンテナ(BA-MSAA)の諸特性について述べる。BA-MSAA は主給電素子の両側に可変リアクタンス素子を装荷した無給電素子を配列した構成であり、可変リアクタンス素子のリアクタンス値を適切に設定することにより放射パターンを制御できる。はじめに、BA-MSAA の小形化とビーム成形特性向上を目的として、リング形MSA を放射素子として用いた円偏波BA-MSAA を提案し、その諸特性についてシミュレーション及び実験の両面から明らかにした。次いで、円偏波BA-MSAA の軸比特性の向上を目的として、中央の主給電素子の対角線上の位置に可変リアクタンス素子を装荷した円偏波BA-MSAA を提案し、その諸特性を明らかにした。 
(英) This paper presents circularly-polarized beam adjustable microstrip antenna arrays (BA-MSAAs). The BA-MSAA consists of a microstrip antenna (MSA) and two parasitic MSAs with a variable reactance circuit (VRC) arranged at the both sides. The radiation pattern of the BA-MSAA can be controlled by a reactance of the VRCs. Firstly, in order to miniaturize the BA-MSAA as well as to improve the beam-shaping performance, a circularly-polarized BA-MSAA with ring-shaped MSAs fed by an L-probe is proposed. Furthermore, in order to enhance the axial-ratio of the circularly-polarized BA-MSAA, a circularly-polarized BA-MSAA with a variable reactance at the diagonal line in the center element is proposed. The performances of the proposed BA-MSAAs are exhibited by simulation and measurement.
キーワード (和) マイクロストリップアンテナ / 平面アンテナ / 可変リアクタンス / ビーム成形 / アレーアンテナ / / /  
(英) Microstrip antenna / Planar antenna / Variable reactance / Beam shaping / Array antenna / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 295, AP2019-109, pp. 19-24, 2019年11月.
資料番号 AP2019-109 
発行日 2019-11-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-109

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2019-11-20 - 2019-11-22 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可変リアクタンス素子を用いた円偏波ビーム成形平面アレーアンテナに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration on a circularly-polarized beam-adjustable microstrip antenna array with variable reactance elements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロストリップアンテナ / Microstrip antenna  
キーワード(2)(和/英) 平面アンテナ / Planar antenna  
キーワード(3)(和/英) 可変リアクタンス / Variable reactance  
キーワード(4)(和/英) ビーム成形 / Beam shaping  
キーワード(5)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴大 / Takahiro Suzuki / スズキ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木幡 雄介 / Yusuke Kohata / コハタ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 作義 / Sakuyoshi Saito / サイトウ サクヨシ
第3著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 雄一 / Yuichi Kimura / キムラ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-20 12:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-109 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.295 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会