電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-19 12:10
5以上の素数次元におけるマジック状態蒸留プロトコルの等価性の条件
近藤泰大森 立平東工大
抄録 (和) マジック状態蒸留プロトコルはフォールトトレラント計算に必要不可欠である.特にBravyiとKitaevの手法(以後BKプロトコルと記述)とKnillの手法(以後Kプロトコルと記述)の2種類がよく知られている.2次元の量子系では任意のKプロトコルについて,それと等価なBKプロトコルが存在することが知られている.一方でKプロトコルの方が扱うqubitの数が少なくてすむという利点がある.本論文では5以上の素数次元の量子系で,2つの手法の等価性を研究し,任意の制限されたKプロトコルに対しては,等価なBKプロトコルが存在することを示した. 
(英) Magic state distillation protocol is necessary for quantum fault-tolerant computation.
There are two well-known methods: Bravyi and Kitaev's methods (BK protocols) and Knill's methods (K protocols).
It is known in the two-dimensional quantum system that for any K protocol, there is an equivalent BK protocol.
On the other hand, K protocol requires fewer qubits.
In this paper,we study the equivalence of the two methods in the quantum system of prime dimension at least 5 and
show that for any restricted K protocols, there is an equivalent BK protocol.
キーワード (和) マジック状態蒸留 / 量子誤り訂正符号 / フォールトトレラント計算 / / / / /  
(英) Magic state distillation / quantum error correcting codes / fault-tolerant computation / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-11-18 - 2019-11-19 
開催地(和) 学習院大学 
開催地(英) Gakushuin University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5以上の素数次元におけるマジック状態蒸留プロトコルの等価性の条件 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Conditions for equivalence of magic state distillation protocols in prime dimension at least 5 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マジック状態蒸留 / Magic state distillation  
キーワード(2)(和/英) 量子誤り訂正符号 / quantum error correcting codes  
キーワード(3)(和/英) フォールトトレラント計算 / fault-tolerant computation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 泰大 / Yasuhiro Kondo / コンドウ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 立平 / Ryuhei Mori / モリ リュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-19 12:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会