電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-18 13:50
[ポスター講演]同時測定によるBellの不等式の実験的研究
松山健悟飯沼昌隆ホフマン ホルガ広島大
抄録 (和) 偏光のBell相関の測定では、測定される局所的な二つの物理量の測定の不確定性を考慮した実験はこれまでほとんどなされてこなかった. これはBellの不等式の破れの検証に重点が置かれていたためである.しかし近年、理論的な研究から測定の不確定性とBellの不等式との関連が議論されている. そこで我々は同時測定を導入し、Bell相関の測定実験を行っている. 今発表では実験の現状について報告する. 
(英) In the conventional measurements of Bell correlations with photon polarizations, there are almost never experiments where measurement uncertainties of two physical properties measured in the local measurements are considered. The reason is that many experiments focus on the verification of Bell inequality violation. But, recently, the relations between the measurement uncertainties and Bell inequality has been discussed from the side of theories. Hence, we are introducing simultaneous measurements of both of complemental physical properties as local measurements and measuring Bell correlations with such measurements. We are reporting a present status of experiments in this presentation.
キーワード (和) Bellの不等式 / 測定の不確定性 / 同時測定 / / / / /  
(英) Bell inequality / measurement uncertainty / simultaneous measurements / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-11-18 - 2019-11-19 
開催地(和) 学習院大学 
開催地(英) Gakushuin University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 同時測定によるBellの不等式の実験的研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental investigation of Bell inequality by using simultaneous measurements. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Bellの不等式 / Bell inequality  
キーワード(2)(和/英) 測定の不確定性 / measurement uncertainty  
キーワード(3)(和/英) 同時測定 / simultaneous measurements  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松山 健悟 / Kengo Matsuyama / マツヤマ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯沼 昌隆 / Masataka Iinuma / イイヌマ マサタカ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ホフマン ホルガ / Holger F. Hofmann /
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-18 13:50:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会