お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-18 13:50
[ポスター講演]制約量子アニーリングにおける局在現象
工藤和恵お茶の水女子大
抄録 (和) 量子アニーリングは,組み合わせ最適化問題を解くための手法として知られている.制約量子アニーリングはそのなかでも,制約条件が自然に満たされるようにハミルトニアンを設定する方法である.各状態(スピン配置)を超立方体の格子点,そのエネルギーを局所ポテンシャルとみなし,量子ゆらぎによって各状態間の遷移が起こるとみなせば,難しい問題に対する量子アニーリングの過程ではアンダーソン局在に似た局在現象が起こると予想される.グラフ彩色問題を解く制約量子アニーリングでは,これとは異なる視点からアンダーソン局在との類似性を議論できる.有効磁場とエンタングルメントの実時間発展の計算から,多体相互作用の効果をとらえる. 
(英) Quantum annealing is known as a quantum-mechanical approach for optimization problems. Constrained quantum annealing is a quantum annealing approach in which constraints are naturally satisfied. During a quantum annealing process, localization phenomena that are similar to the Anderson localization can occur. Considering each state (spin configuration) as a vertex of a hypercube, we can regard its energy as a local potential and consider that quantum fluctuation induces the hopping between the neighboring states. The constrained quantum annealing of graph coloring provides another viewpoint on the analogy to the Anderson localization. Numerical
simulations on effective fields and entanglement demonstrate the effects of many-body interaction in the system.
キーワード (和) 量子アニーリング / アンダーソン局在 / グラフ彩色 / / / / /  
(英) quantum annealing / Anderson localization / graph coloring / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-11-18 - 2019-11-19 
開催地(和) 学習院大学 
開催地(英) Gakushuin University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 制約量子アニーリングにおける局在現象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Localization phenomena in constrained quantum annealing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子アニーリング / quantum annealing  
キーワード(2)(和/英) アンダーソン局在 / Anderson localization  
キーワード(3)(和/英) グラフ彩色 / graph coloring  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 和恵 / Kazue Kudo / クドウ カズエ
第1著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-18 13:50:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会