電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-18 13:50
[ポスター講演]光子伝搬パラドックスの検証実験に向けて
本田達也飯沼昌隆ホフマン ホルガ広島大
抄録 (和) 近年,位置幅$SDelta$xの状態と運動量幅$SDelta$pの状態との量子干渉を利用すると,粒子の伝播における直進性の破れが観測可能であることが理論的に指摘された.本研究はこの提案に従い,量子的粒子が直進しないことを直接的に検証することを目的とする.実験では光子を用い,初期重ね合わせ状態の実現のために安定性に優れたサニャック型干渉計を用いた.本発表では,実験の現状について報告する. 
(英) Recently, it has been shown theoretically that the use of quantum interference between a position-like state with a position width $SDelta$x and a momentum-like state with a momentum width $SDelta$p allows us to test the straightness of the propagation of quantum particles. Following the proposal, our goal is to show a direct evidence of the violation of straight line propagation for quantum particles. In the experiment, we use photons as quantum particles and utilize a Sagnac interferometer for realizing the initial superposition state of position and momentum. In this presentation, we are reporting the present status of the experiment.
キーワード (和) 光子伝播 / 直進性の破れ / 量子干渉 / 位置と運動量の量子操作 / / / /  
(英) photon propagation / violation of straightness / quantum interference / quantum operations of position and momentum / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-11-18 - 2019-11-19 
開催地(和) 学習院大学 
開催地(英) Gakushuin University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光子伝搬パラドックスの検証実験に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward an experimental verification of the photon propagation paradox 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光子伝播 / photon propagation  
キーワード(2)(和/英) 直進性の破れ / violation of straightness  
キーワード(3)(和/英) 量子干渉 / quantum interference  
キーワード(4)(和/英) 位置と運動量の量子操作 / quantum operations of position and momentum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 達也 / Tatsuya Honda / ホンダ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯沼 昌隆 / Masataka Iinuma / イイヌマ マサタカ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ホフマン ホルガ / Hofmann Holger / ホフマン ホルガ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-18 13:50:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会