電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-18 13:50
[ポスター講演]量子断熱マスター方程式に基づく量子アニーリングの解析
鈴木貴大永山翔太メルカリ
抄録 (和) 量子アニーリングは計算力の証明やノイズ管理手法の提案に先立って実機が製作されたために,実機が存在するものの,実際の量子的振る舞いや可能性に未解明な部分が多い.本稿では,複数の最適解が存在する問題での量子アニーリングの振る舞いを明らかにするため,まず,断熱的な時間発展をする系を開放系に拡張した際の量子マスター方程式[1] を用いて,量子アニーリングの振る舞いをシミュレートした.この結果と,D-Wave 2000Q を用いた実験結果とを比較し,特に解の凍結に着目して整合性を評価した.この結果,最適解が複数ある場合,量子マスター方程式によると振る舞いが変わることが示唆され,D-Wave 2000Q の結果もこの示唆に矛盾しないことが分かった. 
(英) The dynamics of quantum annealing machine is not well known because it is still noisy, and the promise of the machine is also controversial because there is no theoretical explanation for quantum speed up with quantum annealing. In order to reveal the dynamics, we simulate quantum annealing using the quantum adiabatic master equation proposed in [1] and compare this result with the result of D-Wave 2000Q through the phenomenon called "freeze". According to the quantum master equation, the probability that the solution is optimal depends on whether the solution is single or not. We also confirm this effect on D-Wave 2000Q.
キーワード (和) 量子アニーリング / フェアサンプリング / 解の凍結 / / / / /  
(英) Quantum Annealing / Fair Sampling / Freeze / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-11-18 - 2019-11-19 
開催地(和) 学習院大学 
開催地(英) Gakushuin University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子断熱マスター方程式に基づく量子アニーリングの解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis on Quantum Annealing Based on the Quantum Adiabatic Master Equation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子アニーリング / Quantum Annealing  
キーワード(2)(和/英) フェアサンプリング / Fair Sampling  
キーワード(3)(和/英) 解の凍結 / Freeze  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴大 / Takayuki Suzuki / スズキ タカユキ
第1著者 所属(和/英) メルカリR4D (略称: メルカリ)
mercari R4D (略称: Mercari)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永山 翔太 / Shota Nagayama / ナガヤマ ショウタ
第2著者 所属(和/英) メルカリR4D (略称: メルカリ)
mercari R4D (略称: Mercari)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-18 13:50:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会