電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-18 13:50
[ポスター講演]Quantum Communication Complexity of Distribution Testing
Aleksandrs BelovsUniv. of Latvia)・○Arturo CastellanosKyoto Univ.)・Francois Le GallGuillaume MalodNagoya Univ.
抄録 (和) We study the quantum version of the closeness testing problem in communication complexity, in the case where Alice and Bob distributions are uniform on some subset of [n]. More precisely, Alice and Bob receive t samples from distributions a and b respectively, under the promise that they are either equal or e-far in the l1 distance for some fixed e> 0. While in the classical setting recent work have shown a communication complexity of O~((n/te^2)^2) bits, in the quantum setting we manage to gain a quadratic advantage. 
(英) We study the quantum version of the closeness testing problem in communication complexity, in the case where Alice and Bob distributions are uniform on some subset of [n]. More precisely, Alice and Bob receive t samples from distributions a and b respectively, under the promise that they are either equal or e-far in the l1 distance for some fixed e> 0. While in the classical setting recent work have shown a communication complexity of O~((n/te^2)^2) bits, in the quantum setting we manage to gain a quadratic advantage.
キーワード (和) Distribution testing / Quantum communication complexity / / / / / /  
(英) Distribution testing / Quantum communication complexity / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-11-18 - 2019-11-19 
開催地(和) 学習院大学 
開催地(英) Gakushuin University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-11-QIT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantum Communication Complexity of Distribution Testing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Distribution testing / Distribution testing  
キーワード(2)(和/英) Quantum communication complexity / Quantum communication complexity  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Aleksandrs Belovs / Aleksandrs Belovs /
第1著者 所属(和/英) University of Latvia (略称: Univ. of Latvia)
University of Latvia (略称: Univ. of Latvia)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Arturo Castellanos / Arturo Castellanos /
第2著者 所属(和/英) Kyoto University (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Francois Le Gall / Francois Le Gall /
第3著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Guillaume Malod / Guillaume Malod /
第4著者 所属(和/英) Nagoya University (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-18 13:50:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会