電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-18 13:50
[ポスター講演]固体NMRを用いたカーネル法による量子機械学習
楠本武流御手洗光祐根来 誠藤井啓祐北川勝浩阪大
抄録 (和) 固体 NMR の複雑な量子ダイナミクスを、量子カーネル法を用いて機械学習へと応用した。
本研究では、データに依存したハミルトニアンによる時間発展を用いて生成した量子状態を特徴量として機械学習を行う。具体的には、特徴量同士の内積のみを用いて学習を行うカーネル法を応用し、異なるデータに対応する量子状態間の内積を干渉によって測定してモデルを構成する。
デモンストレーションとして$10$ 個以上の$^1$Hスピンが関与しているダイナミクスで簡単な機械学習のタスクである1次元フィッティングタスクを行った。
発展時間が長いほど、言い換えると、より多くのスピンがダイナミクスに関与するほど、学習の精度は向上する傾向にあった。 
(英) We employ so-called quantum kernel estimation to exploit complex quantum dynamics of solid-state NMR for machine learning.
We propose to map an input to a feature space by input-dependent Hamiltonian evolution, and the kernel is estimated by the interference of the evolution.
Simple machine learning tasks, namely one-dimensional fitting tasks, are performed using proton spins which exhibit correlation over 10 spins.
The performance of the trained model tends to increase with the longer evolution time, or equivalently, with a larger number of spins involved in the dynamics.
This work can be regarded as one of the baselines for this emerging field.
キーワード (和) 量子アルゴリズム / 量子機械学習 / 固体NMR / / / / /  
(英) Quantum algorithm / quantum machine learningm / solid-state NMR / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2019-11-18 - 2019-11-19 
開催地(和) 学習院大学 
開催地(英) Gakushuin University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2019-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 固体NMRを用いたカーネル法による量子機械学習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental quantum kernel machine learning with solid state NMR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子アルゴリズム / Quantum algorithm  
キーワード(2)(和/英) 量子機械学習 / quantum machine learningm  
キーワード(3)(和/英) 固体NMR / solid-state NMR  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠本 武流 / Takeru Kusumoto / クスモト タケル
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 御手洗 光祐 / Kosuke Mitarai / ミタライ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 根来 誠 / Makoto Negoro / ネゴロ マコト
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 啓祐 / Keisuke Fujii / フジイ ケイスケ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 勝浩 / Masahiro Kitagawa / キタガワ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-18 13:50:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会