電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-15 09:40
CMOSイメージセンサPUFを用いたデバイス認証へのモデリング攻撃
山田 寛大倉俊介汐崎 充白畑正芳藤野 毅立命館大ICD2019-34 IE2019-40
抄録 (和) イメージセンサの真正性を保証するため,製造ばらつきを利用するCMOSイメージセンサPUF(CIS-PUF)が提案されている.CIS-PUFを用いたデバイス認証を行う際に,チャレンジとして2画素を無作為に選択しレスポンスを生成するペアワイズ方式では,未知のレスポンスを予測できる可能性がある.本研究ではCMOSイメージセンサ固有の列固定パターンノイズを使用したモデリング攻撃により既知のチャレンジ&レスポンスペアから未知のレスポンスの予測を行い,全体の0.24%のチャレンジ&レスポンスペアを使用して残りのレスポンスの85%以上が予測可能であることが分かった. 
(英) A CMOS image sensor physically unclonable function (CIS-PUF) for device authentication by the unique responses extracted from manufacturing-process-variation has been proposed. In this paper, we report modeling attack for the CIS-PUF, in which columnfixed pattern noise is exploited in a sorting algorithm. When the PUF response is generated with pairwise method, unknown responses are predicted with probability over 85% with only 0.24% training sample of whole challenge and response pairs.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / PUF / IoT / ハードウェアセキュリティ / モデリング攻撃 / / /  
(英) CMOS image sensor / PUF / IoT / hardware security / modeling attack / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 284, ICD2019-34, pp. 31-36, 2019年11月.
資料番号 ICD2019-34 
発行日 2019-11-07 (ICD, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2019-34 IE2019-40

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF ICD IE IPSJ-SLDM IPSJ-EMB 
開催期間 2019-11-13 - 2019-11-15 
開催地(和) 愛媛県男女共同参画センター 
開催地(英) Ehime Prefecture Gender Equality Center 
テーマ(和) デザインガイア2019 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2019 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2019-11-VLD-DC-CPSY-RECONF-ICD-IE-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CMOSイメージセンサPUFを用いたデバイス認証へのモデリング攻撃 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modeling attacks against device authentication using CMOS image sensor PUF 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) PUF / PUF  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) ハードウェアセキュリティ / hardware security  
キーワード(5)(和/英) モデリング攻撃 / modeling attack  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛 / Hiroshi Yamada / ヤマダ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大倉 俊介 / Shunsuke Okura / オオクラ シュンスケ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 汐崎 充 / Mitsuru Shiozaki / シオザキ ミツル
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白畑 正芳 / Masayoshi Shirahata / シラハタ マサヨシ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 毅 / Takeshi Fujino / フジノ タケシ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-15 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2019-34,IEICE-IE2019-40 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.284(ICD), no.285(IE) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2019-11-07,IEICE-IE-2019-11-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会